星野源主演映画『引っ越し大名!』の予告編解禁! ユニコーンが手がける主題歌が「名曲の予感がする」と話題

エンタメ

2019/5/23


 2019年8月30日(金)公開の星野源主演映画「引っ越し大名!」の予告編が公開。ユニコーンが手がける主題歌「でんでん」も解禁となり、「源さんとユニコーンとか最高の組み合わせ」「早くフルで聞いてみたい」と歓喜の声が相次いだ。

 土橋章宏の時代小説『引っ越し大名三千里』を原作とした同映画は、星野演じる片桐春之介が“国替え”と呼ばれる藩の大規模な引っ越しに挑む物語。星野のほかに及川光博や高橋一生、高畑充希といった豪華俳優陣が出演することでも注目を集めている。

 今回公開された予告編では、ユニコーンが歌う描き下ろし主題歌「でんでん」を初公開。曲名は、引きこもりがちな春之介が「カタツムリ」と呼ばれていることにちなんでつけられた。公式サイトではユニコーンからのメッセージ動画も公開され、メンバーの中で最も歴史が好きだという川西幸一は「もともと時代劇が好きだから、本当は(映画に)出たいくらいだった」とコメント。奥田民生は「映画の内容を踏まえて、今回は詞から先に書きました。曲も、“でんでん”っていう感じになってます(笑)」と作曲の裏側を明かしている。

 星野は幼い頃からユニコーンのファンだったようで、「奥田民生さん川西幸一さんという大好きなお二人が主題歌を書き下ろしてくださる日が来るとは」と大喜び。予告映像を見た人からは、「名曲の予感がする」「時代劇とユニコーンって意外と合うね」「これを映画館で聴けるのか~!」と期待の声が続出した。

 以前公開された特報動画では、高畑演じる於蘭と春之介がいいムードになるシーンが。しかし予告動画では、於蘭が「いま調子に乗って私と一緒にいたいと、おっしゃいましたか?」と春之介を追求している。「えぇ~…」と戸惑う春之介の姿は、「リアクリョンがいちいち可愛い」「源ちゃんらしさ全開のセリフだった」「“えぇ~”だけでもリピートできる」とファンに大好評。国替えの中で2人の関係がどう変化するのか、劇場に確かめに行こう。

■映画「引っ越し大名!」
原作:土橋章宏
監督:犬童一心
脚本:土橋章宏
出演:星野源、高橋一生、高畑充希、小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
公式サイト:http://hikkoshi-movie.jp/

img01
『引っ越し大名三千里』(土橋章宏/角川春樹事務所)