「歓喜と感涙で最後は画面見れなくなってそう」 アニメ「ソードアート・オンライン」最新作のPV第1弾が公開!

マンガ・アニメ

2019/8/6


 アニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」のPV第1弾が公開。ファンからは「鳥肌がすごい。アリスかっけぇ…」「本当に楽しみ。最高です!」と興奮の声が続出中だ。

 同アニメは川原礫による小説『ソードアート・オンライン』シリーズが原作。謎の次世代VRMMORPGソードアート・オンラインを舞台とした物語を皮切りに、さまざまな困難に立ち向かう主人公・キリトの戦いを描いている。

 物語の舞台は壮大なファンタジーテイストの仮想世界。原作で「アリシゼーション編」と呼ばれる物語の後編となっており、前編は2018年10月から全24話で放送された。前編では記憶があやふやなまま仮想世界を彷徨っていたキリトが、ユージオという少年に出会うところから物語がスタート。仲間の想いを背負ったキリトは、苦境に立たされながらも因縁の相手との一騎打ちに挑む。

 今回公開されたPV第1弾では、車いすに座りうつろな目をしたキリトが登場。ほかにも襲われる研究所や涙を流す少女・アリスなど気になるシーンが多数含まれている。さらにPVの後半では決意の表情で黄金の剣を掲げるアリスの姿も。このPVにはファンからも、「アリスやばい! こっからアリスファンが爆増するぞ!」「オッドアイになってるの最高にカッコいい」「SAOシリーズの中で一番好きだから本当に楽しみ!」「この作画で放送されたら、歓喜と感涙で最後は画面見れなくなってそうだな」と喜びの声が上がっていた。

 また原作シリーズは今年で刊行10周年を迎える。2019年8月4日(日)~8月18日(日)には、シリーズの集大成となる体験型展示イベント「ソードアート・オンライン ―エクスクロニクル―」が開催。同イベントでは研究開発機構・ラースをモチーフにソニーの最先端技術を駆使して『ソードアート・オンライン』の世界を表現しており、特別な映像体験や貴重な展示の数々を楽しむことができる。

 アニメは2019年10月から放送スタート。刊行10周年を迎える同シリーズの新たな一歩を心待ちにしていよう。

■アニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」
原作:川原礫
監督:小野学
出演:松岡禎丞、戸松遥、茅野愛衣 ほか
公式サイト:https://sao-alicization.net/

◆「ソードアート・オンライン ―エクスクロニクル―」公式サイト
https://sao-ex-chronicle.com/?p-top

img01
『ソードアート・オンライン 15 アリシゼーション・インベーディング』(著:川原礫、イラスト:abec/KADOKAWA)