「俺だって液状化(物理)したい!!!!」人気声優・増田俊樹も大興奮の“ちょいエロ”ラブコメ『フラレガール』4巻発売!

マンガ・アニメ

2019/8/24

『フラレガール』4巻(堤翔/白泉社)

 無自覚エロス女子高生とド天然わんこ男子の恋模様を描く少女コミック『フラレガール』(白泉社)の4巻が、2019年8月20日(火)に発売された。最新刊を手に取ったファンからは「やっぱり4巻もめちゃめちゃ萌えの宝庫だな!!」「なんだこの可愛いカップル、ちょっとエッチなところも好きすぎる」「今日『フラレガール』の最新刊読んだけどマジで好きです(早口)」と絶賛の声が相次いでいる。

 同作は2018年から少女漫画誌『花とゆめ』で連載が始まったラブコメディ。ヒロインの赤坂響は「愛人」というあだ名を持ち、自然と色気があふれ出ることに悩まされている女子高生。響はその色気のせいで彼氏にフラれ、恋愛に対して臆病になってしまう。そんなある日、同級生・青山大地から「俺の愛人になってください!!」と失礼すぎる告白を受けたことから新たな恋がスタートしていく…。

 響の色気にあてられた大地がドロドロに溶ける“液状化”現象など、コミカルな展開がたっぷり描かれているのが同作の魅力。また2人が繰り広げるちょいエロ描写も見どころで、「2人の掛け合いが楽しいし、青春一直線って感じのエロさもドストライクです!」「エッチな部分と純情さのバランスが絶妙すぎてキュンキュンが止まらない…」「2人の表情が色気たっぷりでキスすらエロい!」と読者を大興奮させている。

 4巻では響とその友人・豆子の黒歴史が描かれる過去編が収録された。また秘密の誕生日会や保健室でのハプニングなど、響と大地のイチャイチャっぷりを楽しめるイベントが盛りだくさんの内容となっているようだ。

 さらにコミックス初版分の帯や書店用ポスターには、「遊☆戯☆王ZEXAL」の神代凌牙役などで知られる人気声優の増田俊樹が応援コメントを寄稿。「俺だって液状化(物理)したい!!!! 日常にドキドキを欲している人、是非読んで!」と作品への愛を語っている。

声優・増田俊樹

『フラレガール』4巻書店用ポスター

 8月20日(火)に発売された『花とゆめ』18号(販売期間:~9/4(水))では同作が巻頭カラーで登場。コミックスも累計40万部(電子版含む)を突破し、ますます盛り上がりを見せる人気作品をぜひこの機会にチェックしてみよう。