写真集も発売『PRODUCE 101 JAPAN』本日“デビュー11名”が決定!

エンタメ

2019/12/11

『PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK』(ワニブックス)

PRODUCE 101 JAPAN』は、配信サイト「GYAO!」で毎週木曜に配信放送されてきた“韓国発”の大型オーディション番組だ。

 応募総数約6000人のなかから選ばれた、アイドル志望の男性101名。その101名からさらに視聴者の「投票」により最終11人を選出。グローバルに活躍するアイドルグループを目指す。

 そのデビュー11名が決まる“ファイナル”が、本日地上波で放送される(TBS系列/12月11日〈水〉夜7時00分~夜9時00分)。

 企画は回を追うごとに視聴者の「投票」により、参加人数が絞られていくというシステムだ。「練習生」と呼ばれる彼らは、グループに分けられ、客前で曲を披露するというミッションが与えられ、トレーナーのアドバイスをもとに、ダンスの振り付けや歌の鍛錬も自ら行い、その完成度を競いあう。

 番組は、101人のクラス分け(AクラスからFクラスに分けられる)からスタート。さらに舞台上から客席に見せるパフォーマンスと並行し、バックボーンとなる合宿所での「練習風景」も映し出される。ゆえに視聴者は完成されたパフォーマンスの裏側を知ることになる。彼らが懸命に汗を流し、努力し、成長していく姿に共感する。そうやって「推し」に夢中になったファンも、彼らとともにデビューへの夢を見る。

 ちなみに本番組企画の恒例でもあり、101人が一挙にそろい歌う、彼らの“お披露目”曲『ツカメ~It’s Coiming~』でセンターを務めたのは、川尻蓮。プロのバックダンサーを経験してきた彼が魅せる「表情」「ダンス」からは、パフォーマンス力とスキルの高さを感じられた。

 “逆転劇”も、この番組の魅力のひとつだ。「#4」で放送された「ダンス・バトル」回において披露曲のひとつであった、Hey! Say! JUMPの「OVER THE TOP」。この曲を2組のグループが披露し、競い合うという展開があった。

 日本の有名アイドルグループに振り付け経験もある、ダンス経験者でもある本田康祐は、ダンス未経験者が集まる「Fクラス」の多いメンバーたちをまとめるグループ・リーダーに選出される。“ままならない”メンバーに対し、「チームのために鬼になる」と厳しくコーチした本田の熱意は観客にも伝わり、結果、ダンス経験者が多く強敵だと思われた相手チームを凌駕するパフォーマンスを見せ、チームを勝利に導いた。その発表の瞬間、仲間と抱き合いながら号泣するシーンに、胸を打たれた視聴者も多かったと思う。なお、川尻、本田ともにファイナルに進出している。

 また本番組では韓国人参加者の存在も大きかった。「HALO」として2014年に韓国でデビューした、チョン・ヨンフン、キム・ヒチョン、キム・ユンドンは、過去には日本でのデビューも果たすも、韓国芸能事務所に契約を打ち切られ、「すべてを韓国に捨ててきた」「運命と人生をかけている」と語り、本番組で再デビューに挑んだ。

 日本語を勉強しながら明るく周囲を励まし、盛り上げ続けたヨンフン。「HALO」においては、“弟組”だったヒチョン、ユンドンも、その過去のデビュー経験を生かし日本人メンバーをリードし、メンバー全体の成長を担っていた。しかし彼らはデビュー圏内の人気順位にいたにもかかわらず、「辞退」という選択をする。

 11月28日にヒチョンの辞退が発表されると、トレンドには彼の名前が上がった。その後、番組では9位・ユンドン、5位にヨンフンと順位確定が発表され、最終合宿へと2人は進むものの、3日後に辞退を申し出る。SNS上での過激なファンからの発言が、彼らの辞退に影響を与えたのではないかという声も上がったため、12月5日、公式サイトからはその発表とともに、ファンに対し「SNSマナー」に対する注意勧告が出された。

 常に愛らしい笑顔を見せていたユンドンが、ヒチョン辞退後の「#11」放送回において、全くそれを見せないことから、観ている側も心が痛ましくなる面もあった。

 しかしその後、「HALO」時代の発表曲がiTunes Store ランキングMV部門で総合1位に輝く。ファンが本人たちと並走する、この番組企画ならではの劇的な展開だった。

 著名人が「推し」をSNS上で宣言し、順位変動もありそうな最終順位発表。果たしてデビューを掴むのは――。今夜、彼らのこれからの新たな道の幕開けとなるであろう、その瞬間を、見守りたい。

【テレビ放送 番組詳細】
放送局:TBS系列(全国ネット) 番組名:『PRODUCE 101 JAPAN』
放送日時:最終回 12月11日(水)夜7時00分~夜9時00分
出演:国民プロデューサー代表 ナインティナイン
トレーナー:A-NON、サイプレス上野、菅井秀憲、Bose、安倉さやか、WARNER ※五十音順
PRODUCE 101 JAPAN 練習生 ほか

【インターネット動画配信 番組詳細】
配信サイト:GYAO! ※独占配信 番組名:『PRODUCE 101 JAPAN ~デビュー決定11名出演GYAO!LIVE配信~』
配信日時:2019年12月11日(水)夜9時00分~夜9時20分ごろ
出演:PRODUCE 101 JAPAN 練習生