乃木坂46・高山一実のベストセラー小説『トラペジウム』が小中高生の声を受けて待望の文庫化! 4/24(金)角川文庫より新イラストで登場!

文芸・カルチャー

2020/3/18

『トラペジウム』(高山一実/KADOKAWA)

 写真集やビジネス書などの強力タイトルを抑え「平成世代に売れた本1位」となった乃木坂46の人気メンバー・高山一実による初小説『トラペジウム』(2019年、日販WIN+調べ)の文庫化が決定した。

 電子書籍版の刊行に際しては「電子図書館まなびライブラリー」(ベネッセコーポレーション)上で小中高生から3万件もの感想等が寄せられ、「読書離れしている」と言われる若年層から圧倒的な支持を得た。

 今回の文庫化にあたっては、著者である高山一実が「自分自身の姿を描いた」という書き下ろしエッセイとともに、雑誌連載時に掲載された人気イラストレーター・たえによる全18点のイラストをオールカラーで収録。

 さらにカバーイラストは、本編に登場する4人の少女を描いた「文庫版オリジナル」。小説本編に加え、作者自身、そして作品世界を深めるイラストを楽しめるお得な一冊となっており、KADOKAWAの担当者は「価格も680円と抑えられており、若い世代に広がってほしい」とコメントしている。

著者・高山一実コメント
 トラペジウムを発売してからずっと幸せでした。胸一杯の日々をありがとうございました。そして文庫化、ありがたいです。書き下ろしを載せるにあたり、久しぶりにコトバと向き合いました。真っ白なキャンバスを見たのは約4年ぶりになります。心は17歳〜18歳で止まったままと思っていた私ですが、確実に歳を重ねているのだと綴っていて気づかされました。それでも夢に生きた人生でありたいです。トラペジウムこれにて完、でございます。どうかたくさんの方に想いが伝わりますように。

<『トラペジウム』あらすじ>
高校1年生の東ゆうは、「絶対にアイドルになる」ため、己に4箇条を課して高校生活を送っていた。「SNSはやらない」「彼氏は作らない」「学校では目立たない」「東西南北の美少女を仲間にする」。努力の末、ついに東西南北の“輝く星たち”を仲間にした東が、高校生活をかけて追いかけた夢の結末とは!? 現役トップアイドルが、アイドルを目指す女の子の10年間を描いた、感動の青春小説。累計25万部突破!

著者プロフィール●
高山一実(たかやま・かずみ)
1994年2月8日生まれ、千葉県南房総市出身。2011年8月、乃木坂46第1期メンバーオーディションに合格。16年4月より雑誌『ダ・ヴィンチ』にて小説『トラペジウム』の連載を開始。同年9月、ファースト写真集『高山一実写真集 恋かもしれない』を刊行。2019年2月、セカンド写真集『独白』を刊行。令和小説大賞のアンバサダーを務める。