女性に「一緒にいて楽しい!」と思われるにはどうすればいい? / baiandの絶対に成功する恋愛心理学

恋愛・結婚

2020/5/16

こんにちは、baiandです。

普段YouTubeで恋愛心理学をもとにした恋愛テクニックや視聴者さんから頂いた恋愛相談に答えるなどの活動をしています。これから、恋愛面で悩みがある人に向けて情報を発信していこうと思います!

まず今回は「女性が一緒にいて楽しいと思われる人になる方法」についてです。

好きな人ができると、その人に振り向かれたい一心で見た目だったりいいレストランに連れていくなど考えたりしませんか? いつもの自分は着ないような服をきたり、全然行ったこともないようなレストランに誘ってみたり……

その一方で、イケメンとは言えないしお金もさほど持っていない、なんていう人でも女性からすごくモテる人もいます。なぜこんなにも結果が違うのでしょうか?

その答えは、無意識に相手を楽しませる心理学的要素をモテる人達は応用できているんです。そこで、あなたにも相手の心を掴む手法をいくつか紹介していきたいと思います。

 

相手が楽しめるかどうかは「あなたが楽しんでるかどうか」で全て決まる

baiand[バイアンド]

たまに、普段私の動画をみてくれてる方からこんなメールを頂きます。

「頑張ってデート計画を立てて、相手と一緒に回ってみたのですが、相手が本当に楽しんでくれたのかが分からなくて、めちゃくちゃ不安です。どうやったら相手が楽しんでくれるデートに出来ますか?」

女性をリードしたいと思った経験のある男性なら、一度は悩んだことのある問題ではないでしょうか? いちいち「楽しい?」なんて聞けないですよね。かと言って女性の本音を聞きたいというのが男性側の心情だと思います。

結論からいうと、相手がデートを楽しいと思うかどうかは「場所」の問題ではありません。本当に楽しいデートにできる人はその感情を自分から出しているんです。

まず、人は五感で感じ取ったものに影響を受け、それを再現しようとする性質が備わっています。これを【ミラーニューロン効果】と呼びます。

例えば、泣いてる人をみてもらい泣きをした経験はありませんか? 反対に笑っている人をみてなんだか自分まで面白くなった経験はありませんか? これらは全てミラーニューロン効果によるものだと言われています。人は自分の感情をコントロールすることが非常に難しいです。その反面、誰かが泣いていたり笑っていたりすると、つられて簡単に同じ気持ちになるんです。

ちなみにこの効果はこちらの動画でも詳しい話をしてるので、ぜひ参考にしてください!

 

【人から好かれる4大法則】どんな人からも好意を持たれる人の共通点

 

楽しいデート=相手の思い通りになるデートではありません。あなたが楽しいという気持ちを表現したり、どんな状況でも面白くする努力をしないと仮に理想のデートコースを提供しても相手は楽しいと思えないんです。

「なんかあんまり上手くいかなかったな」と思ったデートの時、あなたはどんな表情をしていましたか? 緊張や不安な雰囲気を出したりしていませんでしたか? 相手に気を使いすぎて窮屈な感じになっていませんでしたか? 

好きな人に興味をもっと持ってもらうためには、あなたの笑顔をもっと見せてあげてください。

 

常に自分の行動を信じる

ずばり、一緒にいて楽しいと思ってもらう為にはまず「自分自身が楽しい人間だと思うようにする」ことが重要なんです!

「……え? 根気の問題で解決するの?」という声が聞こえてきそうですが、そうなんですよね、実は。

人間って面白くて、期待された通りの結果を出す傾向があるんです。これは心理学的にもしっかり証明されていて、【ピグマリオン効果】と言います。

私は高校で弓道部だったのですが、練習で全然上手くいかなかった時にも「私は絶対できる」っていつも思いながらやるようにしていて、そうすると試合では練習で出したことないくらいの良い成績を出せて全道大会に個人で行った経験があります。

反対に、ちょっと上手く行ってても精神状態的に不安定で「自分なんかどうせ出来ない」って思った時には、成績もどんどん下がっていきました。

これは私に限らず、例えばアスリートの選手は「自分なんかが優勝できる訳ない」というスタンスでオリンピックに望むでしょうか? 成功する人は皆、目標を達成する前から「自分はできる」という気持ちを持って取り組んでいます。

このように、自分で自分を期待すること、または誰かに期待されていると感じることで目標を達成するためのエネルギーが出て、結果的に成功することがあります。

恋愛でも全く同じで、「自分なんかダメ人間で誰からもモテません」と言っててめちゃモテる人を少なくとも私は見たことがありません。

自意識過剰になるのはよくありませんが、上手くいかなかった時でも「もっとこうしたら自分はモテるようになる」というポジティブな考えを持つことで、必ず叶えたい目標に近づけるようになりますよ!

この記事で紹介した書籍ほか