「いろんな意味で勇次郎の負けだな」戦う前に勝負が終わった勇次郎に爆笑の声/アニメ「バキ 大擂台賽編」第1話

マンガ・アニメ

公開日:2020/7/12

img01
『バキ 中国大擂台賽編』1巻(板垣恵介/秋田書店)

 2020年7月6日(月)に放送された、アニメ「バキ 大擂台賽編」の第1話。地上最強と言われる男・勇次郎が自信たっぷりに構えた型を見事にスルーされ、「こんな勝負ありなのか!?」「いろんな意味で勇次郎の負けだな」と話題になっている。

 同作は、地下闘技場の最年少チャンピオンである主人公・範馬刃牙が父・勇次郎を倒すため激闘の日々を繰り広げる物語。前作「最凶死刑囚編」で猛毒に侵されてしまった刃牙は、急遽中国へと向かうことになった。

 一方勇次郎のもとには、アメリカから来たマホメド・アライJr.が来訪。Jr.は自分の父が完成させられなかった“マホメド・アライ流拳法”を完成させたと打ち明け、疑うなら直接その目で確かめろと勇次郎を挑発する。

 挑発に乗った勇次郎は、床に背をつける不思議な構えで応戦することに。一見するとかなり不利な体勢だが、かつてJr.の父さえも太刀打ちできなかったとされている型だ。しかしJr.は倒れている相手と戦う必要はないと考え、「あなたが寝てくれるなら、僕は部屋を出るまでです」と退室。そのまま勇次郎を置いて帰ってしまった。

 戦わずに勝負を終わらせたJr.に、勇次郎は大激怒。しかし視聴者からは、「Jr.の言うことも一理あるwww」「勇次郎さん手も足も出なかったね」「肩透かし食らう勇次郎さんめっちゃ面白い」と爆笑の声が相次いでいる。

 その後勇次郎とJr.は、100年に1度の武術トーナメント「大擂台賽」で再会。他にも屈強な男たちが集結した大会で、彼らはどんな戦いを見せるのだろうか。

■アニメ「バキ 大擂台賽編」
放送時間:毎週月曜日深夜0:30
原作:板垣恵介
監督:平野俊貴
出演:島﨑信長、大塚明夫、大塚芳忠、保志総一朗 ほか
公式サイト:https://baki-anime.jp/

この記事で紹介した書籍ほか

バキ 中国大擂台賽編 1 (AKITA TOP COMICS500)

著:
出版社:
秋田書店
発売日:
ISBN:
9784253248648