「このライトノベルがすごい!」1位の『ソードアート・オンライン』がアニメに

アニメ・マンガ

2012/6/29


 川原礫の『ソードアート・オンライン』のアニメ放送が7月7日から開始される。この作品は「このライトノベルがすごい! 2012」で1位、「ダ・ヴィンチ 上半期BOOK OF THE YEAR2012 ライトノベル部門」でも2位を獲得し、いま最も旬なライトノベルだ。

 同じく川原の原作『アクセルワールド』のアニメも大人気放送中。同じ作者の作品が春・夏と2期連続でアニメ化することはかなり稀だ。ここからも川原の人気と『ソードアート・オンライン』への期待がうかがえる。

 ゲーム中の死が現実の死を意味する危険なデスゲーム「ソードアート・オンライン」。ログアウトボタンのないこのゲームから脱出する方法は、クリアすることのみという過酷なゲームだった。その「ソードアート・オンライン」に閉じ込められた1万人のプレイヤーのうちの1人・キリト。ソロプレイヤーとして活躍していた彼だったが、「閃光」の名を持つ女剣士・アスナと出会いコンビを組む。脱出するためにラスボスのいる最上階層へ向かう彼らは、無事ゲームからログアウトできるのか?

 そんな『ソードアート・オンライン』のアニメ化を記念して、ゲーマーズでは6月30日よりフェアを開催(~8/12)。関連書籍1冊、または関連商品の予約内金・購入ごとに全9種類のオリジナルミニスリムポスターから1枚がランダムでプレゼントされる。特典がなくなり次第終了となるので、早めにゲットしよう。

(ダ・ヴィンチ電子ナビより)