「信長以上にヤバいキャラ登場しちゃった」春風亭小朝演じる覚恕が衝撃の初登場!/大河ドラマ「麒麟がくる」第33話

エンタメ

公開日:2020/11/29

NHK大河ドラマ・ガイド 麒麟がくる 前編
『NHK大河ドラマ・ガイド 麒麟がくる 前編』(著:池端俊策、監修:NHKドラマ制作班、編集:NHK出版/NHK出版)

 2020年11月22日(日)に放送された大河ドラマ「麒麟がくる」第33話。延暦寺の天台座主・覚恕(春風亭小朝)が初登場にして強烈なインパクトを放ち、「信長以上のヤバいキャラ登場しちゃったよ」「コンプレックスの塊やないか!」と視聴者をざわつかせた。

 四方を敵に囲まれ、窮地に陥っていた織田信長(染谷将太)。そこで明智光秀(長谷川博己)は極秘裏に叡山へ向かい、覚恕の庇護を受ける朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と面会を果たした。しかし光秀が和議を提案しても義景は受け入れず、一向に強気な態度を崩そうとしない。

advertisement

 義景の取り計らいによって、光秀は覚恕と対面。帝(坂東玉三郎)の弟でもある覚恕は兄への対抗意識が強く、出家させられたのも自身の容姿が“醜い”からだという。その怨恨は根深く、「儂はここへきて己に言い聞かせた。金と力があればみな儂に頭を下げる」「その通りになった! 美しき者に勝ったのじゃ!」などと矢継ぎ早に言い放つ。

 優越感に浸る覚恕だったが、「それを織田信長めが次々とかすめ取っていく!」と一転。異様な目つきを光秀に向けながら、「あの都は儂の都じゃ。 返せ、儂に返せぇ!」と迫るのだった。

 覚恕の私欲まみれな言動に、ネット上では「この人こそ金と権力の亡者だな」「大河ドラマでこんな強烈キャラ見るとは思わなかった」と騒然。Twitterで話題の戦国武将アカウントも、以下のように反応している。

 思わぬ形で露見した帝と覚恕の確執は、戦国の世にどのような影響を与えるのだろうか。

ドラマ「麒麟がくる」
放送日:毎週日曜 20:00~
出演:長谷川博己、染谷将太、門脇麦、堺正章 ほか
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/

この記事で紹介した書籍ほか

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド)

著:
監修:
編集:
出版社:
NHK出版
発売日:
ISBN:
9784149233833