“鉄子”萌え! ゆるい百合ブームに新展開!?

アニメ・マンガ

2012/7/27

 ゆる~い百合ブームの勢いはまだまだ止まらない! いま人気の“ゆるい百合”はキスしたりセックスしたりといったディープな描写はなく、『けいおん!』のように女の子同士が抱きついたりじゃれあったりする、ゆる~いもの。
そんな“ゆるい百合”のなかで、今度は鉄道ものがきているらしい。

 女の子が鉄道? と疑問に思った人もいるだろう。乗り物が好きなのは男の子のイメージだし、女の子って時刻表の見方とか乗り換えが苦手そう。ドジっ子が登場するドタバタコメディかと思いきや、全くそんなことはなかった。

 『僕は君たちほどうまく時刻表をめくれない』(豊田 巧、松山せいじ/小学館)では、鉄道に関する知識がハンパなく、線路を見ても、車体を見ても、座席を見ても常に喋り続ける北見美優と、「厚い時刻表をU字型に二つ折りしてページの横をススススッとなぞり、一発でページを開いた」というスゴ技を披露する宮田くれあが登場。

 『ゆりてつ 私立百合ヶ咲女子高鉄道部』(松山せいじ/小学館)でも駅名を聞いただけの鶴見はくつるがiPadで路線図をだし、調べもせずに乗り換えのパターンを教えてくれ、石塚まろんは予約のみの激レア駅弁をゲットしてくれる。こんなこと普通の女の子にはできそうもない。

 一見かけ離れてみえる“ゆるい百合”と鉄道もの。実はすごく相性がよさそう。

 鉄道オタクはさまざまな場所へ旅をするので、一緒に旅をするとご飯を食べるのもお風呂に入るのも寝るのもみんな一緒。一緒に過ごす時間が長いのだから、必然的に鉄道仲間の関係は濃くなる。また、鉄オタという女子にはなかなか理解してもらえない趣味を持っているので、彼女たちの仲間意識は普通の友だちよりも強いのだ。さらに、電車を駆使して旅に出るアクティブな彼女たちは、初対面の子にもいきなり抱きついちゃうくらいフレンドリー。

 『ゆりてつ』では初対面の日野はつねにいきなり抱きついて鉄道部に勧誘するし、北海道で電車を待っている間は4人で体を寄せ合って暖め合い「女の子同士だから恥ずかしくないもん!!」なんて言っちゃってます。

 また『僕は君たちほどうまく時刻表をめくれない』の美優も、無口なくれあのことをなんでもわかっているようだし、くれあも美優と座席の写真を撮ったり、ニコニコと後をついて行ったりしている。主人公の男子・栗原駿なんて、眼中にないくらい2人の世界なのだ。

 さらに、彼女たちが電車の中で繰り広げる日常の会話と、いつもと違った車窓の景色や場所というほどよい非日常感の両方を楽しめるところもポイントが高い。全国の鉄道の制服を着た美少女キャラ「鉄道むすめ」も根強い人気だし、かわいい女子の鉄道もの、もっと増えるかもしれない!?

 “ゆるい百合”と鉄道を2つとも満喫できる『僕は君たちほどうまく時刻表をめくれない』の2巻が7月18日に発売された。今回は夏らしく、彼らが海に向かう話になっている。かわいい鉄子たちのマニアな知識はガイドとしても使えそうなので、みなさんもこの本と一緒に旅に出てみては。素敵な鉄子と出会えるかもしれませんよ?