小学館、全社員に電子書籍端末『kobo Touch』配布

ビジネス

2012/8/8

 株式会社小学館は8日、全社員に楽天の電子書籍端末「kobo Touch(コボタッチ)」を配布したと発表した。

小学館は、8月8日で1922年(大正11年)の創業から90周年を迎える。
その記念日を迎えるにあたり、「社員が新しい読書環境への理解を深め、出版人としてのスキルを向上させる目的で配布」「電子書籍と紙の本が生み出す相乗効果を生かし、新たな出版文化の誕生を目指しています」とコメント。

配布された「kobo Touch」には、11月2日公開の映画「のぼうの城」の原作『のぼうの城 上巻』『のぼうの城 下巻』や、嵐の櫻井翔主演で映画化された『神様のカルテ』がプリインストールされているとのこと。

昨年8月には、講談社が全社員にソニーの電子書籍端末「Reader(リーダー)」を配布している。

出版の最前線にいる編集者が実際に電子書籍を体験し、新たな出版のカタチを作り出すことに期待したい。