缶詰のおいしさ再発見! 和の料理人、野崎洋光氏の絶品缶詰レシピ

2013/3/7

野崎洋光のたのしい缶詰レシピ ― 魚介類編

ハード : Windows/Mac/iPhone/iPad/Android/Reader 発売元 : 東洋経済新報社
ジャンル:趣味・実用・カルチャー 購入元:紀伊國屋書店Kinoppy
著者名:野崎洋光 価格:1,123円

※最新の価格はストアでご確認ください。

缶詰レシピと聞いて、どんな料理をイメージしますか? 「手抜き料理では?」なんて考えてしまう方も多いのでは。そんな缶詰を使った料理のイメージを一新してくれるのが、『野崎洋光のたのしい缶詰レシピ』です。さすがは、和食の料理人、野崎洋光さんのレシピ。バラエティー豊かで、見た目にも鮮やかな品々が並びます。

缶詰といえば、保存食として最適、非常食にもなるということで、震災後、缶詰を家に常備しだした方もいらっしゃるのではないかと思いますが、野崎さんは、味の面からも、缶詰を手元に置いておくことを勧めています。缶詰の質は近年かなり上がったそうで、味も良いそうです。「魚介缶詰では、いちばん脂がのった時期のおいしさと栄養を缶の中に封じ込めている」というのですから、そのおいしさにも納得がいきます。水煮缶の缶汁は「<だし>のかたまり」として使用でき、とっても便利ですね。

そんな缶詰のおいしさと便利さを活かしたレシピは、メインのおかずから、サブのおかず、ご飯もの、そば、うどん、パスタ、汁物、鍋もの、おつまみまでと、なんでもありです。ずわいがにほぐしみの缶詰を使った、「にらたまのかにあんかけ」なんて、とろりとしたかにあんがなんともおいしそうな、贅沢な一品。こんな一品があれば、寒い冬だって、心も体も温まりそうです。

缶詰の豆知識を得られるコラムも楽しく、大変役に立ちます。缶詰とひとくくりにいっても、食材や、缶詰の種類によって、使用上のちょっとした注意は異なるんですね。

本書を読むと缶詰の種類の多さと、それを使ったお手軽かつおいしい料理がこんなにもあることに驚かされます。多忙な方にお勧めのレシピが満載。本書をダウンロードして、お家に眠っている缶詰でおいしい料理を作ってみてはいかがでしょうか?


目次並ぶ、数々の缶詰レシピ

味付け赤貝の麻婆豆腐。どんな味がするのか試してみたい一品ですね

味付けさんまを使えば、こんな気のきいた一品も簡単にできます

これは文句なくおいしそうな「かにちらし」。色鮮やかですね

缶詰の種類も豊富です。ツナ、さけ、ほたては我が家でも常備していますが、そのほかにも便利な缶詰がいっぱいあるんですね