2005年12月号 『その日のまえに』 重松清

今月のプラチナ本

2005/11/6

2005年11月05日 『その日のまえに』 重松 清 文藝春秋 1500円  自身の余命があと三カ月と告げられた俊治は、衝動的に小学校の頃の思い出の浜を訪れる。幼い頃、海に消えた同級生、そしてその両親を思い出しながら、自分が死に向かうことをゆっくりと認識し始める「潮騒」。  余命いくばくもない妻を連れ、最後の思い出に... 続きを読む