任侠に似た人情。ありえない設定にわくわくする、現代の合戦小説

小説・エッセイ

2011/9/30

うわあーーーー、大阪行きたーーーーい。 瓢箪もって歩きてぇぇぇぇぇ。 と、読み終えたあとジタバタするくらいに著者の大阪愛が溢れたこの小説。「ええ!そんなんアリ!?」というその発想の驚きが面白さのキモなので、がんばってネタバレせずに紹介したいと思います。まだるっこしいわ!という人は、私のレビューなぞより、とっとと作品を... 続きを読む