誰が“美醜”を決めるのか?

ビジネス・社会・経済

2013/12/13

マイケル・ケンナの『Retrospective』という写真集が好きだ。人のいない風景ばかりを、たぶん赤外線写真でけぶったような荒い粒子の中に切り取った、モノクロの、幻想的な写真集だ。人のいるはずのところから人を取り去ると、風景は「表現」になってしまうことがよく分かる。 内閣の都市再生戦略チームから提出された「悪い景観... 続きを読む