アナタもワタシも知らない世界。不思議の世界へようこそ!

オカルト

2014/1/18

オカルト万華鏡1 アナタもワタシも知らない世界

ハード : iPhone/iPad/Android 発売元 : 朝日新聞出版
ジャンル:コミック 購入元:Kindleストア
著者名:流水りんこ 価格:※ストアでご確認ください

※最新の価格はストアでご確認ください。

世の中にある数々の不思議。パワーストーン、予知夢、生まれ変わり―等々。 アナタは信じますか?信じませんか? ワタシは知りたいです。端っこでもいいから触れてみたい。そして信じたい。 だって、その方が面白いも~~~ん!! この本はそんな人が興味深く感じるものが詰まっています。

著者は流水(ながみ)りんこさん。オカルトとは言っても怖いものだけではなく、数々ある不思議なことを「本当にそんなことってあるの?」と疑いつつ考えていくという内容です。遥か昔の逸話や身近な人の体験談、ご本人の体験談などもかなりあり、本人は自分のことを“普通すぎるくらい普通の人間”と言っているのですが、私から言わせれば「それほどのことを体験していて普通って言い張りますかっ」と言いたくなるものばかりです。それでもただの偶然かもしれないし…と疑う流水さんだからこそ、こちらは信じたい気持ちになってしまうのかもしれません。

それにしても羨ましい。流水さん以上に本当にまるっきり不思議体験のない私にしてみれば、数珠のヒモが度々切れるだけで大騒ぎでしょう。そうそう、一番私がなるほどと思ったのが石の話で、これを持てばこう叶うなんて単純なものではなく、もっと複雑で、持ってる人によってかなり違うものなんだと言われると妙に腑に落ちる気がしました。

その他1巻ではオカルト欲を満足させる、金縛りや呪われた家なども。2巻ではチャクラやインド占星術など、あまり身近ではない不思議や、最近では知る人も多いオーラ等。そしてミニコーナー「誰も信じなくていい!! でも私は見た!!」は、本当に友達から「見たんだって!」と言われても苦笑いしてしまうような飛び道具ばかり。こういうのでもいいから見れるものなら見たいものです。2巻まで読むとインドに行きたくなります。占いした~い!


この作品の肝となるRさん。マンガ家さんがローズクォーツを身につけたって? どうなるんでしょう?

ホラーマンガ家さんだけあって、迫力満点!

つくづく“念”の恐ろしさを感じたエピソード

『誰も信じなくていい!! でも私は見た!!』より。ちょっと、え? という投稿満載

インド占星術。こんな顔になるくらいの的中率を味わってみたいものです