ホントに超常現象か!? オカルト専門放送局のユーモアミステリー

小説・エッセイ

2014/3/7

 キー局の報道部で活躍していた深見百太郎は、ある事件をきっかけに局を辞めるはめになる。再就職しようにも大手放送局はどこも雇ってくれない。そんな百太郎が流れ着いたのは、零細CS放送、しかもオカルト専門チャンネル「チャンネル・ファンタズモ」だった。彼が担当することになったのは「突撃! 隣の超常現象」というコーナー。元ヤン... 続きを読む