ひきこもりマンガ家が、朝ごはんを食べるためだけに旅に出てみた

更新日:2014/3/14

おしゃべりは、朝ごはんのあとで。

ハード : PC/iPhone/Android 発売元 : 小学館
ジャンル:コミック 購入元:BookLive!
著者名:秀良子 価格:432円

※最新の価格はストアでご確認ください。

 ランチやディナーにこだわる大人は多いけれど、こだわりの「朝ごはん」を求めて出かけてみるのも、たまには良いかもしれない。『おしゃべりは、朝ごはんのあとで。』(秀良子)はスピリッツ発のWEB漫画サイト「やわらかスピリッツ」で綴られたコミックエッセイ。仕事ですっかり生活リズムを乱してしまった作者が、自費で全国&海外の朝ごはんを食べに行く、ほんわかしてちょっとユニークな旅のエピソードが描かれている。

 パリ、ハワイ、京都、築地、沖縄、名古屋など、各地で楽しめる美味しい朝ごはんがイラストで紹介されており、おかゆ、オムレツからパンケーキまで思わずよだれがたれそうになる珠玉の朝ごはんに思わず目を奪われる。

 朝ごはん企画最初の目的地である「パリ編」では、旅費は自腹な上、行き先もなんとなく把握している程度という手探り旅の中、日本での昼夜逆転ライフによる自前の時差ボケでなんなく早起きに成功し、早速マカロン発祥のお店である「パティスリーラデュレ」でちょっとリッチなモーニングセットを食べ、あっさりさと濃厚さの共存するオムレツに感動する(しかしマカロンを買い忘れたまま店を出てしまう…)。

 その後、ヴェルサイユ宮殿やルーブル美術館なども巡り、ロンシャン競馬場で自腹分を取り返そうと賭けに出て大失敗…といったように、国内、国外に朝ごはんを求めて旅をしながらも、行った先での出来事や、現地の文化、人々との交流が描かれているのも見逃せない。また巻末には秀良子の本業? が垣間見れる、日常系ファンタジー風の描き下ろしショートストーリーも収録。

 その土地の風景を楽しみながら食べる朝ごはんは、毎日心に余裕がない現代人にはピッタリかもしれない。ちょっとお洒落で余裕のある大人の「朝ごはんライフ」を提案してくれる1冊。


ちゃんとした朝ごはんを食べたい! という願いからスタートした企画

パリではちょっとリッチな朝ごはん

体に優しく、素材の味が引き立つ京都の朝ごはん

ハワイ編はフルカラーで収録されている
(C)秀良子/小学館