アニメ放送スタート! 悩みも吹き飛ぶ「人生相談」ライトノベル

ライトノベル

2014/7/14

ガガガ文庫 人生(イラスト完全版)

ハード : PC/Android 発売元 : 小学館
ジャンル:ライトノベル 購入元:BOOK☆WALKER
著者名:川岸殴魚 価格:599円

※最新の価格はストアでご確認ください。

 つい先日、放送開始したお悩み相談アニメの原作、ガガガ文庫の『人生』は読者参加型のラノベという斬新な作品です。参加型というのは、ブログやTwitterなどで読者から「お悩み相談」を広く募集し、なんと採用されると作中でキャラクターたちが回答してくれるという仕組み。イメージ的には『ONE PIECE』のSBSコーナーのボリューム増し増し版といったところでしょうか。

 川岸先生の前作シリーズ『やむなく覚醒!! 邪神大沼』ではまず邪神マニュアルによるメタフィクションで読者の腹筋に強烈な一撃を入れてくれましたが、今作でもそのコメディセンスは大いに健在。理系・文系・体育会系の美少女たちが寄せられたお悩み相談に珍回答を連発してくれます。

 作品の大筋はとってもシンプル。新聞部に所属する赤松勇樹(あかまつゆうき)が人生相談コーナーを部長から任され、回答者たる3人の(いろいろと残念な)美少女たちに振り回されるというあらすじ。理系ツンデレ・遠藤梨乃、文系天然・九条ふみ、体育会系脳筋・鈴木いくみ。この3人の掛け合いは放っておくとどこまでもあさっての方向に飛んでいくので、収集がつかなくなる前に適度に話の軌道を修正するのが赤松の主なお仕事です。

 1巻中10個の相談が載せられており、その内容は「入部する部活に迷っている」「苦手を克服したい」「部員が足りない」「友人と仲直りがしたい」というごくありふれたもの。その中でも個人的には、相談2のコミュニケーションに関する話が特に気に入っています。
梨乃といくみの失敗を前に、ついに出てくるふみの家に代々伝わるという会話術の秘伝。その三大奥義を皆に伝授すると自信満々のふみですが、立ちはだかるのは梨乃の奇怪な日常。「おんなじだね!」「気が合うね!」「奇遇だね!」この3つを返しておけば会話は盛り上がると言い切るふみですが、果たして…!? というお話でした。

 ツボにはまるひとはどっぷりとはまって笑いをこらえるのが大変なので、電車などの公共機関の中ではなく、自宅で読むことをおすすめします。


3人のファーストコンタクト。いくみにとっての入口は窓だとか。もはや体育会系を通り越して猫

Q夕日ななぜ赤いのか A夕日に向かって全力ダッシュしやすいように! 梨乃はいくみのプロテインの飲み過ぎを危惧しています

入る部活もまともに決められない優柔不断な子はその優柔不断を活かして「優柔不断部」を作れば良い。ふみの天然はいっそ武器

コミュニケーションのコツに対する3人のご回答。ぱっと見る分には違和感はないのに、実践するとなぜかとんでもないことに…