超超超有名な不朽のバッドエンド! シェイクスピアの名作悲劇を漫画で押さえて教養アップ!

2011/1/16

リア王 -まんがで読破-

ハード : PC/iPhone/iPad/WindowsPhone/Android 発売元 : イースト・プレス
ジャンル:コミック 購入元:eBookJapan
著者名:シェイクスピア企画・漫画 価格:400円

※最新の価格はストアでご確認ください。

大学の講義に、『リア王』を原書で読む授業がありました。

(文学部っぽいでしょ!)

古英語を少しずつ訳す課題で毎週ヘトヘトになったのはいい思い出。あらためて全体のストーリーを読みたいなと思って、今週も愛用の“魔法のかまぼこ板”ことiPhoneを駆使して漫画版をダウンロード!

あらすじ:ブリテン国王・リア王は、老後を養ってもらうつもりで娘たちに財産を分け与えるが、正直な末娘を誤解によって追放することに。欲深い姉娘たちから虐められて、気が狂ってしまう老いたリア王。一方、兄や父を騙して自分の思い通りに国を動かそうとする、貴族の息子エドマンド。リア王が真実を悟るのは、善人も悪人も不幸に死に絶えた後だった。

なんともめでたくない話です。悲劇だから。肉親で裏切り合って結局誰も救われないのです。人物同士のすれ違いがこれでもかというくらい不幸に絡まり合っているけれど、その中にも格調の高さが見えてさすがはシェイクスピア。

もともとお芝居だから原作の文は長ーいのですが、漫画ならサクっと全ストーリーを見渡すことができました。イラストも古典作品のイメージとよく合っていて◎。

特に見どころは、悪役青年エドマンドの絵姿がどうも某ノート死神バッドエンド漫画の主人公によく似ているところ。イケメンだけれど謀略家な点とか、作戦のためなら二股不倫も辞さない点とか。もしかしてもしかすると、意識して描いているのかな…?

デスノート持ってそうなのが一人いますね

リア王の娘たち。意地悪な姉2人と可哀想な末娘

末娘を勘当してしまうところからリア王の悲運が始まります

このイケメン悪役が、夜神月の如く「計画通り…!」と暗躍 (C)バラエティ・アートワークス/イースト・プレス