バカバカしいけど確かに知りたい! オイラこんな愚問を待っていた

岡野宏文

2011/8/3

かの宮沢賢治のはてしもなく有名な作品「雨ニモマケズ」で、わたしは昔から不思議でならないことがあり、なぜ誰も指摘しないのだろう、それというのも、元気で頑張ろうというそのスピリットは大いに買うのであるが、それにしても一日玄米四合というのは食い過ぎではなかろうかと思うのであった。四合って。   ま、こういうのを愚問というの... 続きを読む