「かわいそう」じゃない!有川浩最新作の舞台は、児童養護施設

小説・エッセイ

2014/10/21

 「かわいそうね」という発言は、相手への浅はかな理解を示す言葉。その言葉を発した本人は、表面を撫ぜただけで相手を分かった気になって、憐憫している自らに自己陶酔しているだろう。どんな境遇であろうと、誰もが自らを奮い立たせて生きているのに、そんな無神経に言葉を発する人間があまりにも多すぎる。憐れまれることなど誰が欲してい... 続きを読む