これで420円は安すぎる、お得すぎる、の吉田修一作品

小説・エッセイ

2011/10/30

芥川賞作家や作品を避けて通っている方、多くないですか? 大衆小説が対象で、どの受賞作品を読んでもほぼ楽しめる直木賞と違い、芥川賞作品には普通の頭の私には「?」という疑問詞しか浮かばないこともしばしば。文字が好きだし、どんな作品でもなんでも読む雑食活字中毒系読書をしているし、「偏見を持たずに読書をしよう!」と心がけてい... 続きを読む