滅びの道筋を描いた、伝奇アクションの傑作

コミック

2011/9/4

タイトル「滅日」は、「ほろび」と読む。作者は「GREY」「軽井沢シンドローム」を描いた、たがみよしひさ。    「GREY」のような遠い未来の話ではなく、現代劇ながらもSF要素の強い本作品は、作者の真骨頂ともいえよう。変身、オカルト、民俗学などが好きな人にはお薦め。 北鳳大学、呼野生物研究所の研究助手、相賀修一と尼子... 続きを読む