モノが多くて溢れている人、快適な生活を送りたい人、必読です!

すばる舎

2011/7/22

モノを選んで二度と増やさない! 45のコツ

ハード : PC/iPhone/iPad/Android 発売元 : すばる舎
ジャンル:教養・人文・歴史 購入元:電子貸本Renta!
著者名:板垣康子 価格:1,050円

※最新の価格はストアでご確認ください。

「捨てること」が片づけ、快適な暮らしに繋がる、という風潮がある今日。その中で、「捨てるだけが解決策では、すぐまたモノはいっぱいになる」という板垣氏の主張は、いたって新鮮である。
  
本書は、自分の生活の中に何が必要で、何がいらないのか、その基準を明確にすることで、生活がより快適になる、と説いている。

増やさないモノの持ち方として、すべての生活の主軸となる「衣生活」・「食生活」・「住生活」に加えて、本や住所録、ビジネスマンにとって必須である名刺等の「情報源」、雑貨や飾り物、写真等の「心の糧」の5つを挙げ、それぞれを見直していく。
  
何を隠そう、私は大の片づけ下手で、部屋にはモノがそれはもう満員電車のようにひしめき合っている。「何とかしなくては!」と思いつつも、モノが山ほどあるのに、次から次へと買ってきてしまうのだ。すごく気に入って買ってきたものから、なんとなく買ってきたもの。買ったものには思い入れ具合は違うけれど、お金をだして買ったわけだからなかなか捨てることができない私。捨てることを最終的な解決策とせず、これ以降モノを増やさないという考え方は捨てられない病の私にとってはぴったりだと思う。
  
本書では板垣氏のライフスタイルを垣間見ることができるのだが、板垣氏の生活レベルと私の生活レベルの違いに少々驚いた。真似はできないなぁと思う部分はあるが、「こうありたい!」という理想像として、参考にしたいと思う。そして快適な生活を送りたい人にとって、モチベーションを上げるための原動力になることだろう。

ショッピングノートをつけることによって、何を買ったのか、また何が必要なのか把握できる!

数えていないだけで、意外と衣服って持っているんですよね~

一度書き出すと便利なことに気がつくかも