妹は思春期ならではの興味や悩み全開。一度ツボにはまると抜け出せません

コミック

2011/6/16

妹は思春期 (1)

ハード : PC/iPhone/iPad/Android 発売元 : 講談社
ジャンル:コミック 購入元:eBookJapan
著者名:氏家ト全 価格:540円

※最新の価格はストアでご確認ください。

同出版社の刊行する週刊マガジンにて連載中の『生徒会役員共』を手掛ける氏家ト全の処女作。ノリは常に下ネタ寄りのギャグですが、直接的な描写は一切ないと言っていいほどで、終始意味を理解すると思わずクスリとしてしまう展開ばかりです。
  
そんな、今も昔も変わらぬ氏家ト全作品だからこそ、私は思わず電子書籍で見かけた瞬間に購入するのを決めました。

主人公は、極々普通の高校生・城島シンジ。ですが、彼の妹・カナミがなかなかの曲者です。入学式では「起立、礼」というしばしば使う言葉で妄想して一人で笑ったり、写真を撮ろうとカメラを向けると急に脱ぎ始めたり…。行動としてこそは女子ですが、いかにも思春期の男子が考えているような事を、億劫もなく言葉にしたり行動に移したりする様は、嫌悪感よりも爽快感があります。
  
このような作品を純粋に楽しめる人は、おそらく、カナミの一つ一つの発言が、男女問わず、妄想の内容をそのまま代弁してくれているようで、どこかに自分を映している部分があるからではないでしょうか。
  
もちろん、私もその一人であり、読んだのなら笑う事は必至。もしかすると、悩んだ時なんかに読んでみると、その悩みがバカバカしく思えてくるような気さえしてきます。
  
4コマで話の流れも分かりやすく、気軽に読めるので、ちょっと重い作品を読んだ後や気分転換したい時にはもってこいの作品だと思います。

一番最初のコマ。ここまでは、とても可愛らしい自己紹介なのですが…

その妄想っぷりは半端ないです

試合に負けたとしても、いつでも勝負に勝つような、そんな至極のプラス思考の持ち主

もちろん、こんなお約束的なボケも忘れません

大好きな教科は保健体育。教科書を手に入れた時点でチェックするのは当然です! (C)氏家ト全/講談社