日本の神話、最初は壮大な家族のものがたりで、「へぇ~」の連続!

2011/3/9

日本の神話(知っておきたいシリーズ)

ハード : iPhone 発売元 : NOWPRODUCTION
ジャンル: 購入元:AppStore
著者名: 価格:400円

※最新の価格はストアでご確認ください。

日本の神話を読むことなどまずなかった筆者ですが、最近、近代の歴史書を読むことが多くなりました。
  
そんな折、本書がランキング上位に入っていたので、この時代の歴史も面白そうと思っておもわずダウンロードしてしまいました。

一部をご紹介すると、造化三神をはじめとするアマツカミ一同は、神世七代の最後に生まれたイザナギ、イザナミに「漂っている国土を整え、作り固めよ」と命じてオノゴロ島をつくりました…。
  
この神は「子宝の神」として信仰されています。この神によって、淡路島、四国、隠岐島、九州、壱岐島、対馬、佐渡島、本州の8つの島を生んだとされていて、わが国を「大八島国」と呼ぶのはここからきているそう。この物語の中にも夫唱婦随の観念が入っていて、儒教が大きく影響しているといいます。
  
神話をよんでみたらとても新鮮で、へぇ~の連続。ところどころ知っていた知識が整理されてスッキリしました。

読みたいところから読めます。はじめての夫婦の交わり、なんとなく興味ありますよね

古事記の中に書かれているヤマトタケルからはじまります