度肝を抜かれる内容と構成。「劇団ひとり」ならではの1冊

小説・エッセイ

2011/11/24

「憑依芸人」とも呼ばれる劇団ひとり。あの独特の語り口、あまりに真剣すぎるひとつひとつのネタ、お笑い芸人を越える演技力。彼の魅力が詰まっている1冊、と思いきや、そこがアイドル本とは違う「ひとりワールド」。とっつきにくいような、それでいて読み終わると強烈に印象が残りなかなか忘れられないという、ミラクルな1冊に仕上がってい... 続きを読む