伊坂幸太郎ワールド全開!ちょっと間抜けな裏稼業コンビの友情ストーリーが魅力の『残り全部バケーション』

文芸・カルチャー

2016/1/6

『残り全部バケーション』(伊坂幸太郎/集英社)  掛け違えられたボタンのように、ひとつ現実をずらすだけで、目の前の景色がたちまち間抜けに見えてしまうことがある。普段ならそのボタンをそっと元に戻しておしまいだが、そのまま過ごした先には何があるのだろうか。日常から一歩ズレた世界を面白おかしく温かく描き出す作家といえば、伊... 続きを読む