後ろめたさやひけめを晴れがましく感じながら前向きに生きる、ユニークな感性が横溢

小説・エッセイ

2011/12/8

志ん生を知らなけりゃあ落語を聞いたことにならねえとかいって威張るいけ好かないオヤジになったみたいな気がしてメゲるが、80年代前半に解散した「つかこうへい事務所」時代のつか芝居を見てなきゃ、本物のつかこうへいを見たことにゃならないんである。いや、往年はそれぐらい凄かったってこと。 そんなこといったって、生まれた時期がズ... 続きを読む