『まどマギ』脚本家による、コミックノベライズ屈指の作品!

ライトノベル

2012/1/25

ガガガ文庫 ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ

ハード : PC/iPhone/Android 発売元 : 小学館
ジャンル: 購入元:BookLive!
著者名:虚淵玄(ニトロプラス) 価格:378円

※最新の価格はストアでご確認ください。

アジアの片隅。血と硝煙の匂い漂う街ロアナプラ。
無法者どもが暴れまわり、暴力が支配する街を舞台に、非合法便利屋「ラグーン商会」を中心に描いたハードボイルド活劇。大ヒットアニメ『まどか☆マギカ』脚本・虚淵玄氏が完全オリジナルストーリーで小説化!

こてこてのセリフ回しやぶっ飛んだキャラクターが魅力の原作コミック。簡単に言うと、くだらないことで罵り合いながらドンパチする痛快マンガですが、本作ではその世界観を見事に再現しつつも、新しく構築しています。

原作でもお馴染みのラグーン商会の面々…

名脇役としては欠かせない、岡島緑郎ことロック。
ラグーン号運転手兼社長、ダッチ。
ネットパトロール、ベニー。
ホットパンツの魅力を知らしめた、レヴィ。 (※ざっくり紹介)

…が、今回は香港マフィアの大物・張の暗殺を狙う殺し屋達と対峙します。もちろん、普通の殺し屋など出てくるわけもなく、揃いも揃って粒揃いの変人です。ヘロイン中毒の狙撃手やパイレーツ・オブ・ナントカな女海賊、くどいポエムのラッパー野郎、あからさまなニンジャなどなど。ぐらりと脳に来るラインナップに目移りしてしまいます。

中でも、イチ押しの注目変態株は、やはりニンジャ。
何食わぬ顔でいきなり登場する辺りからしてROCKです。しかし、ただのツッコミ待ちのキャラかと思いきや、ラグーン一行を最後まで圧倒し、恐るべき忍術を駆使する曲者で、なんと精神論で光学迷彩までやってのける始末。人間離れが尋常でなく、もはや怪現象。途中、山田風太郎作品かと思いました。「さすがにやりすぎじゃ…」とこっちが不安になってくる程ですが、語られる経緯を読むと、なるほどと思ってしまうのが不思議です。彼の活躍ぶりは是非読んで感じていただきたい。

と、変態好きにはたまらない展開が目白押しですが、ちゃんと主要キャラの過去エピソードや本編への伏線などもしっかり盛り込まれており、非常に楽しめる作品になっています。特に、アフガン時代のバラライカを知ると、より一層彼女に踏まれたくなること請け合いです。

目次 巻末には特典もアリ

細かく環境設定可

横書きモード ニンジャ!