落語に隠された彼女の「嘘」とは? 嫌とは言えない男子高生に訪れた、運命の出会い『君の嘘と、やさしい死神』

小説・エッセイ

2017/10/10

『君の嘘と、やさしい死神』(青谷真未/ポプラ社)  いやなことは、はっきり嫌だと言う。自分自身を損ねてまで、他人とかかわりあう必要はない。そんな当たり前のことを、人はいつから忘れてしまうんだろう。嫌われたくなくて、居場所を失いたくなくて、すべてにイエスを言い続ける。だけど漫然と受け入れ続けたところで、他人が自分を大事... 続きを読む