恋も仕事もまる分かり! 当たりすぎると話題のなっちん占い

暮らし

2018/1/30

『なっちん占い2018-2019』(平賀隆生/ぴあ)

 2018年に入り1カ月が経とうとしていますが、今年の占いはしましたか? もうしたという方も『なっちん占い2018-2019』(平賀隆生/ぴあ)で、今一度、運勢を見直してみてはいかがでしょうか。

「なっちんってなに?」という声が聞こえてきそうですが、「納音(なっちん)占い」とは、古代中国にルーツを持ち、二千年の歴史がある、江戸時代に大流行した占いです。かつては権力者たちが、家臣の報償を見抜くために活用していたそう。つまり、気になる相手の性格や好きなもの、行動パターンがもっとも分かる占いなのです。「どうすれば彼を攻略できる?」「同じ職場のあの人と仲良くするにはどうすればいいの?」そんな悩みになっちん占いは大活躍します。

 本書ではなっちんと呼ばれる30種類のキャラクターに分類して、細やかな性格から攻略法、相性のいいなっちん、同じなっちんの有名人、そして2018年、2019年の運勢までを掲載。かわいらしいキャラクターが分かりやすくあなたの運勢を紹介してくれます。

■生年月日だけでそんなことまで分かっちゃうの!?

 その人の性格や好きなもの、行動パターンや恋愛傾向まで分かってしまうそう。「なっちん(納音)」という言葉には「隠されている本性」という意味があるとされています。恋愛でも仕事でも、相手のキャラクターや好み、そして本性が分かっていれば、戦略も立てやすいですよね!

 早速私も占ってみました。私のなっちんは「山下火(さんげか)」。あの世界の北野武さんと同じタイプだそう。ポーカーフェイスで本心を見せたがらずボケたフリをしているが実は頭が良く才能を隠し持っている。口は悪いが心は優しい。普段は穏やかだが、キレると収まりがつかず大変、だそう。うっ、そこまで分かるのか、というくらい当たっています。痛いところをつかれました。どうやらただの占いではなさそうです。

 占いに必要なのは生年月日だけ。さあ、今すぐあなた、そして気になる人のなっちんを調べてみましょう。今まで気づかなかったあの人の隠れ本性が分かりますよ!

文=白瀬みなみ