神さまが応援したくなる人とは? 金運を上げる秘訣を大公開!

マネー

2018/3/4

『神様が教えてくれた金運のはなし 直接きいてわかった開運あれこれ』(桜井識子/幻冬舎)

「宝クジを当ててみたい」「お金持ちになりたい」誰もが思う願いだが、金運アップスポットやグッズなどで、みえない力のご利益にあやかりたいと思う人も多いに違いない。もし神さまに味方になっていただけるとしたら、とても心強いのではないだろうか。本書『神様が教えてくれた金運のはなし 直接きいてわかった開運あれこれ』(幻冬舎)の著者である桜井識子氏は、霊能者の祖母と審神者の祖父のもとで、霊や神仏に縁の深い環境で育ち、神仏と直接、話ができるという稀有な女性である。みえない世界をテーマにしても、決しておどろおどろしくはなく温かみのある文章に、ほっと気持ちが和んでくる。本書にある、神さまから授かった金運が良くなるコツや、神仏のご加護をうける方法などを実行することで、我々は神さまとダイレクトにお話できないにしろ、今よりも神さまと仲良くなれると思う。

すぐにできる金運の上げ方、コツコツと継続させる成功運の上げ方

 本書では、桜井氏が金運に良いという神社を訪ねていく。白ヘビをお祀りする神社では、小川でお金を洗いその日に宝クジを買ってみたところ、ロトで22万円という金額を引き当てたそうだ。また銀座や田園調布などの高級住宅地を司る神さまからは「お金はあってもなくてもよい」「自分が我慢してでも誰かのために寄付をするという霊格を上げる行為ができるのは、お金を持たない人だからこそ」というお言葉を授かる。こういったやりとりを読んでいると、神さまは、金運上昇だけが目的の人よりも、運を総合的なものととらえ、ベースが整っている人を応援したくなるのかもしれないと思った。とはいえ、すぐにでも金運を上げたい人は、氏が実際に体験して効果を感じたという金運に良いお財布の色や、宝クジのご利益をいただいた神社、運気を一気に確実に上げる方法などを本書で確認して、早速、活用してほしい。

神さまに応援され、幸せなお金持ちに

 金運を上げる方法というのは、つまるところは、波動を高め神さまに応援されることにつながると思う。桜井氏を通して伝わってくる日本の神さまたちは、皆、おおらかで優しく、気高く、とても慈悲深い。そんな神さまたちと気持ちを通わせ、人生を応援していただくにはどうしたら良いのだろうか。

 本書でも、お願いの仕方やご縁のいただき方、神さまとのコミュニケーションツールである「おみくじ」の読み方などが具体的に書かれているので、確かめてほしい。一例をあげると「大吉」は神さまからの応援の印、持って帰ってツキがない時に読み返すだけでも、低迷状態を脱出するきっかけとなるそうだ。また、日本の「聖地」である恐山の様子や、東北の遠野のスピリチュアルな体験からも、みえない世界というのはちゃんとあって、自分のルーツであるご先祖さまと愛情を交わせる場所も存在することが感じられる。ひとりのようで、ひとりではないと、励まされる気持ちになれる。

 神さまに応援される生き方について、桜井氏は次のように記している。

どんな仕事でも自分の仕事に誇りを持つ、人の2倍も3倍も質の高い仕事を心がける。そのように真摯に生きていると、運も神仏も味方をしてくれます。運や神仏が味方につけば、道は徐々に明るく、大きく開けていきます。

 気負うことなく読者と同じ視点から、神さまとのつきあい方や運を上げる方法を実践的に教えてくれる本書は、読み人のお守りとなるに違いない。

文=佳山桜子