あなたは幸せになっていい 4万人を幸せにしてきた愛されテクニックとは?

恋愛・結婚

2018/7/15

『何歳からでも、誰もが憧れるイケメンエリートから求められ、大切にされ、愛される方法』(斎藤芳乃/KADOKAWA)

 イケメンから愛される条件と聞かれたら、皆さんどういうものを思い浮かべるだろう。やっぱりイケメンに見合うくらいの美貌? 若さ? 彼の胃袋をつかむくらいの料理の腕前? そう思った人は、この本を読んでみてほしい。

『何歳からでも、誰もが憧れるイケメンエリートから求められ、大切にされ、愛される方法』(斎藤芳乃/KADOKAWA)は、異性からの「モテ」に無頓着に生きてきた女性にも、本当に素敵な相手に出会いたい女性にも、何より幸せをつかむことを無意識に避けている女性に読んでほしい1冊だ。

 著者の斎藤芳乃さんは、女性の恋愛・結婚の問題を解決する心の花嫁学校マリアージュスクールを主宰しており、これまでのべ4万人以上の女性の恋愛・結婚にまつわる悩みを解決している。

 斎藤さんは、自分自身を尊重する術を身につけることが、素敵な男性に愛される女性になるポイントと説いている。

 あなたの周りには、気遣いができる優しい女性なのに、いつも不幸な恋愛をしてしまう人はいないだろうか。あるいはあなたがそういう人だったりしないだろうか。

 相手のことを思いやる優しさをもつことは長所であるが、あまりに自分よりも相手のことを優先しすぎると、「男性にとって都合のいい女性」になりかねない。都合のいい女性とは、すなわちその男性にとっての「お母さん」になってしまう女性のこと。男性はあまりにもお世話をされると、その女性をお母さんと同じように思うようになり、恋愛感情も抱かなくなっていくという。

 その結果、せっかく見つけた恋人に、粗末な扱いをされてしまうことも…。また、そのように男性の世話を焼きたがる人は、自分のことよりも相手が喜ぶことに重きをおきがちで、相手の機嫌をうかがって常に緊張と動揺を繰り返し、気が休まらない。これでは、幸せな恋愛とは言えないだろう。

 それでは、どうやったら、素敵な男性と恋愛ができるのか。

 斎藤さんは、素敵な恋愛をしたいと思っている読者に、まず「メンタルブロックを壊す」というアドバイスをしている。メンタルブロックとは、文字通り、心の制限のことである。「あれがしたい、こんな成功をしてみたい」と思っていても、自分自身で「無理」「自分にはそんな才能も魅力もないし…」とブレーキをかけてしまっていること、誰にでもないだろうか。年齢だったり、身体のコンプレックスだったり、過去の恋愛経験だったり、それらの劣等感から、自分から一歩踏み出すことを諦めてしまう状態に、知らず知らずのうちに陥っている人も少なくない。

これらは、すべて「禁止」。
こんなふうに思っていると、あなたが思っているそのままが現実に反映されてしまう。
「どうせ」と思っていれば、その「どうせ」が実際に起きてしまうわけ。

ではどうすればいいのかというと、許可すればいいのです。
「やっていいんだよ」と自分に語りかけてあげるのです。

「愛される」とは、相手に愛を期待することではなく、まず自分を大切にしてあげること。自分に幸せになる許可を与えてあげること。たぶんそこから、恋も含め、人間関係は始まっていくのではないだろうか。

 自分自身を尊重できるかどうかで、恋愛にかかわらず人間関係は大きく変化する。自分自身に価値があると自覚している人は、相手も自分と同じように価値がある人間だということを知っているから、相手を蔑ろにしないものだと思う。

 自信がなくて幸せをつかめない女性にこそ、この本を読んで、あなた自身を大切にしてくれる相手と出会うことを願っている。

文=音田アユム