「そんなんだからお前の恋愛0点」恋愛メンヘラ女子の心をボコボコにして元気づける… Twitterで大人気の切なくて共感できる言葉

恋愛・結婚

2018/8/17

img01.jpg
『私の恋人にならなくていいから、誰のものにもならないで』(りおめこ/KADOKAWA)

 ここ数年ツイッターで、共感できたり背中を押してくれたりするような恋の言葉をツイートするアカウントが支持を集めている。何となく言葉にできなかったモヤモヤした気持ちを短い言葉で端的に代弁してくれるので、ついつい「いいね」を押したくなるのだ。

 中でも今、特に若い女性の間で注目されているのが、メンヘラ女子の心に刺さる恋愛にまつわる言葉を投稿するアカウントである。ツイートすればたちまち数万「いいね」がつき「分かりすぎてつらい、泣ける」と共感のコメントがつく。

 そんなメンヘラ女子に人気な、りおめこさんの初の書籍『私の恋人にならなくていいから、誰のものにもならないで』が8月10日に発売となった。
 本書には、好きという気持ちに素直になれない、いざとなると強がってしまうような女の子の心をえぐる言葉がたくさん詰め込まれている。また書籍化するにあたって、ツイッターの140字では書ききれない気持ちや想いもたっぷりと詰め込まれているという。

テストを受けてて、
答えが分かってたら
答案用紙埋めるだろ。
合ってれば何点か貰える。
なんで恋愛だと
「分かってるけど行動に
移せない」となるのか。
そんなんだからお前の
恋愛0点。白紙で出すな。
せめて解答用紙埋めようと
する姿勢くらい見せろ。
名前くらい書け。

 

嘘でもいいから「わかった」って、
嘘でもいいから「大変だったね」
「頑張ったね」って
言われたかっただけでした。
優しい嘘を少しでも多く貰いたかった
なんてワガママも、
貴方に言えなかった私が悪かった。
素直に真っ直ぐ生きる事を
覚えなかった私が悪かった。

 

「欲しい」って言ってくれる人が欲しかった。
「必要」としてくれる人が必要だった。
それが貴方なら尚更いいです。

 

 SNSが発達し、より他人の目が気になってしまう現代。顔が可愛いか…スタイルはいいか…センスはどうか…など、自分と他人を比べて落ち込んでしまう人も少なくないのではないか。
 けれどそんなことはどうでもよく、「自分が一番好きな人に愛されている女が勝ち」ということを発信するりおめこさんの言葉は、恋をする女の子の背中を強く押してくれる。恋愛に悩んでいたり、自分に自信がなくてくじけそうになっていたりする女の子にこそ、読んでほしい1冊だ。

●著者プロフィール
りおめこ

歌舞伎町にて愛と笑いを届けるエンターテイナー。切ない恋愛についてのツイートが人気を集め、フォロワーは19万人を突破。好きな食べものは焼肉。生肉に抱かれて死ぬことが人生の目標。
インスタグラム:@liomeko
Twitter:@cha_huitawa