なぜ「被害者」の女子大生が非難されたのか。東大生による強制わいせつ事件をテーマにした「非さわやか100%青春小説」

文芸・カルチャー

2018/9/18

『彼女は頭が悪いから』(姫野カオルコ/文藝春秋) 「楽しい気持ちになりたい」「ほっこりとした、温かいものを感じたい」。そういった動機で日頃小説を手に取る人には、まずお勧めできない。帯にもあるとおり『彼女は頭が悪いから』(姫野カオルコ/文藝春秋)は、2016年に起きた東大生5人による強制わいせつ事件をテーマにした「非さ... 続きを読む