猫背ブスは運気を下げる!? 7メートル先を見て歩くだけで恋愛運がアップ!

暮らし

2018/12/10

『見た目を磨くとすべてがうまくいく!』(田宮陽子/永岡書店)

 いつもなら選ばないマカロンカラーの服、ぴかぴかに磨き上げた上等な靴を履いて、背筋を伸ばして出かけてみる。たったそれだけのことで、運気はぐんぐんアップするのだと、『見た目を磨くとすべてがうまくいく!』(永岡書店)の著者である田宮陽子さんは語る。

「どうしようもなく惨めだった過去の自分」と決別した田宮さんは、そんな些細な習慣の変化を実践することで徐々に運気を掴んだ。見た目を磨くと、次第に心も上向きになり、次から次に幸運が舞い込んでくるのだそうだ。田宮さんはこれを「つやめきの魔法」と表現し、運気がぐんぐんアップする方法を本書で解説する。

 果たして、いつもの習慣や身につけるものをほんの少し変えるだけで、本当に私たちも運気を掴むことができるのだろうか。雑誌や書籍の編集者として1000人を超えるさまざまな「成功者」を取材した過去を持つ田宮さんの運気上昇テクニックを少しだけご紹介したい。

■疲れている日には「マカロンカラー」のトップスを

 人の心は「色」に左右されやすいという。普段は選ばない「華やかな色」を身につければ、自然と背筋が伸び、笑顔になれる。疲れていたり、落ち込んだ日こそマカロンカラーの服を着て心を元気にすることが大事。

 そこで明るく華やかな色の衣服を身につければ、見る人を楽しませ周りの空気がぱっと華やぐ。イキイキとした笑顔で着こなせば、「出会えてよかった」と相手は感じるだろう。これが「新しいチャンス」や「いい出会い」を引き寄せることにつながるのだ。

■「つやのある靴」を履いて金運を掴む

 田宮さんは、成功者の共通点として「靴がきれい」であることを挙げる。ネイビーやブラックなど、シックな服装であっても足元は「真っ赤なハイヒール」や「ぴかぴかの革靴」を履いていたそうだ。

「靴」は人生の歩みを示す象徴的なアイテムでもある。もし「新しい靴が欲しいな」と感じたときは、1つ上のステージに上がるつもりで、上等な靴を選んでみるといいかもしれない。

■猫背ブス現象が恋愛運を遠ざける

 私たちは日常的にスマホやパソコンを触る。夢中になればなるほど背骨が丸くなり、「猫背」になることもある。いつしかそれがクセになると「美容」に悪影響を及ぼす。顔色がくすみ、二重あごになり、ほうれい線もくっきり現れる。これぞ「猫背ブス現象」だ。これでは掴める恋愛運も逃してしまう。

 田宮さんは「7メートル先を見て歩く」ことを本書ですすめている。足元を見て歩くのではなく、ほんの少し遠くを見つめて歩けば姿勢が良くなる。姿勢が良くなれば美容にも好影響を及ぼす。つまり恋愛運を引き寄せることにつながるのだそうだ。

■運気アップは小さな努力の積み重ね

 田宮さんは、「なりたい自分」に気がつき、少しずつその理想を実現するために努力を積み重ねてきた。本書は、そんな田宮さんが研究し実践してきた「つやめきの魔法」をいくつも紹介する。

 長い人生を歩めば、苦しいことやつらい時期は必ず来る。そんな時に「マカロンカラーの服」を着てみたり、「つやのある靴」に新調したり、「7メートル先」を見つめて歩くだけで運気が上がり、人生を好転させるきっかけを掴めるかもしれない。

「何かを変えたい」というきっかけがほしい人は「つやめきの魔法」を試してほしい。いつもより見た目を磨いてほしい。人生が好転する突破口はいつもすぐそばに、些細なところに隠れている。それを手にする魔法が本書にあるはずだ。

文=和泉洋子