簡単すぎて、失敗知らず。しかも、おいしすぎ! 180万アクセス・スーパー主婦「みきママ」のおやつレシピ

食・料理

2019/3/8


 発売1カ月足らずで6万部を突破! おやつ本にして異例の大ヒットとなっている『世界一親切な 大好き!家おやつ』(主婦の友社)は、スーパーで調達できる身近な材料で、写真を「見たまんま」作れる、手軽さがウケている。

 第2弾『世界一親切な12カ月おやつ』(主婦の友社)が2月26日に発売されたので、さっそく内容をチェックしてみた。

■おやつ本なのに、肉まん、赤飯、カツサンドも登場!?

「12カ月おやつ」には、ひなまつりやこどもの日、ハロウィン、クリスマスなどイベントに作りたいおやつ、いちごタルトやフォンダンショコラなど王道のスイーツが盛りだくさんだが、それだけではない。肉まん、たこ焼き、チヂミ、赤飯、カツサンドまで登場しているから、驚きだ。



 おなかをすかせた子どものおやつにも、気軽な朝食や週末のランチ、ホームパーティーにも使える、ママ目線ラインナップなのである。

 難易度が表示されているので、おやつ作り初心者でもメニューを選びやすく、工程の写真がリアルでわかりやすいのは前作と同じ。今回の第2弾では、より簡単なレシピがふえ、思い立ったらすぐ作れる!のが、子どものいる親にはありがたい。

■本当に小学生でもじょうずに作れた!

 小学3年生の息子といっしょに、実際にいくつか作ってみた。まずは「大福」。白玉粉を電子レンジでチンするだけで、本当に作れるのか?と思ったが、あっという間にもち状になり、あんこを包んで完成した。いままで買っていたのが何だったのか、と思うくらい簡単! やわらかくてもちもちで、「お店よりおいしい!」と家族から絶賛された。

 意外に役立つのが、「ココ大事!」という、みきママアドバイス。「生地がくっついてしまった道具は、熱湯に浸しておくと、とりやすくなります」とある。おかげで、片づけもスムーズだった。確かに、「世界一親切」かもしれない。


 次に「ヨーグルトアイス」も作ってみた。ヨーグルト、生クリーム、砂糖、ジャムの材料4つをまぜるだけ。「本当にアイスになるのか?」と半信半疑だったが、たまらないおいしさだった。みかん缶を使った「牛乳寒天」や、板チョコで作れる「フォンダンショコラ」も、子どもにリクエストされて作ってみたが、サクッとできるうえに、絶品なのである。


 おやつは1月から12月まで、月ごとの紹介となっているが、季節にかかわらず作りたい、一年中作れるものばかり。おすすめの月に作ってもいいし、そのとき食べたいものを選んでもいい。

 子どもでも作れたくらいだから、おやつ作り初心者や、めんどうなことは嫌いな人でも失敗なく作れそうだ。簡単だから気分転換になるし、じょうずにできるとテンションが上がるし、家族や友だちにも喜んでもらえる。評判のみきママのおやつ、さすがである!