『サザエさん』波平のストーカーが登場! まさかの監視理由に驚きの声続出

マンガ

公開日:2019/3/24

『サザエさん』(長谷川町子/朝日新聞社)

 3月17日(日)放送のアニメ『サザエさん』で、波平にストーカーする謎の青年が登場。その理由に感動の声が上がっていた。

 話題になったエピソードは、作品No.7906「バス待ちの人々」。波平とマスオは、通勤で利用するバス停でいつも見かける22歳くらいの青年の姿が最近ないことを心配していた。その青年は、波平たちが自分より後ろに並ぶと、「(前へ)どうぞ」とわざわざ譲って、波平たちのすぐ後ろに並び直すという不可解な行動を数日にわたって続けていたという。

 あるときは、波平たちが来るタイミングを見計らっているのではないかというほど、ぴったりのタイミングに現れて、波平たちの後ろに並ぶのだ。さすがに不審に思った波平たちは、次に会ったら直接理由を尋ねてみることにしていた。

 しかし、それきり青年は現れず、波平とマスオは「引っ越しでもしたのかな」「病気なら気の毒だ」と忘れることに。そんなある日、バス停に向かうとなんとあの青年の姿が。青年曰く、就活のためにしばらく実家に帰省していたという。

 そして、波平が意を決して「いつも私たちの後ろに並ぶようだが、何かワケでもあるんですかな?」と尋ねると、青年はついに理由を明かす。

 実は、波平の背中が父親とそっくりで、父親を見る思いで後ろに並んでいたというのだ。さらに、波平の背中を見ていた際、父親から「(実家に)帰ってこんのか?」と語りかけられたように感じ、父親にさみしい思いをさせまいと実家に帰って、地元で小学校の先生になると決めたという。

 この話を波平が家族にすると、フネは「親孝行な人ですねぇ」、サザエは「いい先生になるわよ」と、父親思いの青年を称賛。磯野家が感動ムードに包まれる中、カツオは波平の頭を指差し、「背中はそっくりな人がいても、こっち(薄い頭髪)はいないだろうな」と茶々を入れて、いつも通り叱られるのだった。

 サザエさんワールドで稀にみる誠実な青年の登場に、視聴者からも「なんか普通にジーンときて、泣いてしまったw」「父親の背中に見えるとか良い話すぎだろ」「ストーカーにまさかの理由!」「やべえストーカーだと思ったのに、オチが普通にいい話だった」など、感動に包まれる声が続出。一方で、「感動ムードだったのに、波平の頭髪をいじって一気に台無しにするカツオwww」「久しぶりにサザエさんで爆笑したわwww波平のハゲネタすこ」など、カツオの茶々に関心を奪われた人もいたようだ。

 なにはともあれ、さすがは“日本国民のお父さん”波平らしいエピソードだ。