極上の男に執着される快感がココに…! 趣味が生きがい女×ハイスペックイケメンの同居ラブストーリー

マンガ・アニメ

2019/6/8

『痴情の接吻』(如月ひいろ/小学館)

 毎日、仕事で疲労困憊していると、恋よりも自分の趣味に時間を費やしたくなるのは大人女子あるある。恋愛スイッチを入れようと思い、大好きな彼を振り向かせようとする初々しい恋愛漫画を手に取ってみても、なんだか若く感じられてしまう。

 そんな大人女子は追う恋ではなく、極上の男から追われる恋愛漫画に胸キュンしてみてはいかがだろうか。『痴情の接吻』(如月ひいろ/小学館)は、月刊女性向け漫画雑誌『プチコミック』(小学館)にて連載開始当初から圧倒的大反響を得た作品。

 本作の主人公は、恋愛よりも趣味に生きる図書館司書の和華。本にしか興味がない和華は、大量の蔵書と共に引っ越せる物件を探していた。そんな時、自身が勤める図書館で高校の同級生だった忍と再会。忍は、高校時代に突然キスをされた思い出深い人物でもあった。

 2人の再会は一見、偶然かのように思えたが実は、和華のことを想い続けてきた忍が作った接点。研究職でイケメンな忍は、周りから羨まれるほどのハイスペック男子。しかし、どれだけ想いを寄せられても和華の心は動かない。

 2人はひょんなことから同居をスタートさせることとなったが、同じ屋根の下で暮らすようになっても和華は忍を恋愛対象として見ることができず、告白を受けてもあっさりと断ってしまう。だが、自分にまったく気のない和華の態度を目の当たりにしても忍は恋を諦めようとはしない。むしろ、和華を何とか振り向かせようと、宣戦布告をしてまで全力で口説きにかかるのだ。

 自分に対する想いの強さを知った和華は、どうにかして幻滅されようと奮闘。元彼たちに引かれてきた手料理を振舞う。しかし、どんなことをしても忍はまったく幻滅せず、それどころか心に染み入るような温かい言葉と優しさをくれる。そんな一面に触れていく中で、和華は徐々に今までとは違った目で彼のことを見るようになっていくのだ。

 恋人同士ではない2人が繰り広げるもどかしい恋愛は、大人女子の心をムズキュンさせる。本作には絶妙な距離感でのキスもたくさん描かれているので、そちらも要チェックだ。また、物語が進むにつれて、忍の表情が段々と柔らかく優しげになっていく点にも注目してもらいたい。一見、誠実で堅物そうな忍が和華にだけ見せる、子どものような笑顔に思わず読者もドキっとさせられてしまう。全力で和華を振り向かせようと奮闘する忍に、あなたはきっと恋をするはずだ。

 友達以上恋人未満な関係はこの先、どんな形に落ち着くのか。そして、忍の猛烈なアピールは和華の心に届くのか。ぜひ本作を手に取り、2人の行く末を見守ってみてほしい。

 極上の男に片思いされる…という夢のようなシチュエーションは残念ながら、現実では滅多に訪れない。だが、本作を開けばハイスペックな忍に執着される快感が味わえる。仕事と趣味に打ち込む日々が日常となっている方は和華に成り切りながら、忍の痴情を堪能してみよう。

文=古川諭香