『サザエさん』家族が“波平とアレ”を見間違い爆笑「頭で識別されている…」

エンタメ

2020/5/3

『アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!』(扶桑社)

 4月26日に放送されたアニメ『サザエさん』では、子どもたちの“波平愛”が話題に。

 そのエピソードは、作品No. 8101「お父さんのいない動物園」。ある休日、家族で動物園に遊びにやってきた磯野家。しかし、波平は急な仕事が入ってしまったため断念。「本当はお父さんとも来たかったんじゃないかなぁ」と子どもたちを心配する大人組をよそに、本人たちはどこ吹く風。タヌキのように丸々太ったキツネに驚いたり、動物たちのエサを観察したりと、なかなかに動物園をエンジョイしているようだ。

 そんななか、突如タラちゃんが人の群れを指さし「あっ お父さんでーす!」といるはずのない波平らしき“スキンヘッド”を発見。ゆらゆら動くその姿に、カツオもワカメも「お父さん!?」と期待をするが、その正体はなんと“オレンジ色の風船”。みんな口々に「何だ風船じゃないか」「おじいちゃんじゃないです」とがっかりし、波平ロスに陥ってしまう。

 その後、仰向けでイビキをかきながら熟睡しているシロクマの姿を見て「お昼寝をしているときのお父さんみたい」、ダチョウの後頭部ではナゼか波平の後ろ姿が重なり、「お父さんにも見せたかったな」としょんぼり。他の楽しそうな家族連れの姿で、波平ロスが爆発しそうになったそのとき。人混みのなかから「お~い!」とこちらに呼びかける声が! その声の主は、もちろん波平。どうやら仕事を早めに終わらせて、急いで動物園にかけつけてくれたようだ。突然現れた“本物”の波平に、子どもたちは大喜び。「行こう、お父さん!」「お父さん、こっちよ!」と、波平は引っ張りだこになってしまい、サザエも「この動物園で、一番人気があるんじゃない?」とツッコミを入れるのだった。

 親子の絆が描かれた微笑ましいエピソードに対し、視聴者からは「みんなのお父さん愛泣ける。波平くそ幸せもんやんけ」「波平さんって怒ってばっかりの頑固親父なイメージあったから、こんなに子供達に手を引っ張られて楽しそうにしてるの見て泣いた」「仕事終わらせて駆けつけてくる波平さんいいねえ。お父さんだねぇ」「波平さん登場して泣いてしもうた。疲れとるな」「どんだけ愛されてるんだ波平」などと感動する声が続出。また、あまりの“波平愛”ゆえ、オレンジ色の風船を波平だと見間違えたことに対して、「波平の判定基準ガバガバwww」「頭頂で識別される波平」「ひっでえwwwwww これはさすがにひどいwww 波平、泣いていいよ」などとツッコミを入れる声があがっている。

 今年はおうちでのゴールデンウイークとなるが、家族みんなで楽しそうにおでかけをするサザエさんたちの姿に、「来年こそは!」と意思を強くした視聴者も少なくないだろう。

この記事で紹介した書籍ほか

アニメ サザエさん公式大図鑑 サザエでございま~す!

出版社:
扶桑社
発売日:
ISBN:
9784594064389