サウンドとイラストで読む、新しいホラーファンタジー

小説・エッセイ

2012/6/10

例えば、不慮の事故で亡くした家族が目の前に現れ、生前と変わらぬ微笑みをかけてくれたとしたら、私はきっと戸惑いながらも再び出会えたことに感謝すると思います。 けれど、元の生活に戻れないことは知っている…。生きている人の世界と死んでいる人の世界は相容れないのだな、とこの物語を通して痛いくらいに感じました。この作品は決して... 続きを読む