1人の少女が国を変える! 少女マンガの枠を超えた、圧倒的な大河ロマン

コミック

2012/2/13

「生きろ。」 というのは『もののけ姫』のキャッチコピーですが、この『BASARA』に添えるに一番しっくりくるのもそれなのであります。田村由美さんの描く人物はすべて、「眼」が強くて印象的。射抜くような眼差しに、理不尽も憎悪も悔しさも、すべてを飲み込んでなお、起とうとする力がみなぎっていて、圧倒されるのです。 運命の子で... 続きを読む