家事をしなくなった母親と、娘2人のオアシスや、いずこ

小説・エッセイ

2012/8/18

作者の生田紗代は81年生まれ。2003年に大学在学中、この小説で第40回文藝賞を受賞。とても簡単に読めてしまう作品です。 描かれる風景も人物設定も、どこにでもあるような倦怠感とルーティーンばかり。それでも退屈しないのは話の展開の仕方と、文章が見事に同じ波長だからでしょうか。淡々としながら、何か起こりそうな日常。ときど... 続きを読む