『さおだけ屋は~』ほか、身近な事から「会計」がわかる!3冊が特別価格250円!

更新日:2013/5/28

 楽天のKoboイーブックストアでは、光文社の「身近な出来事から“会計”がわかる本」3タイトルの配信開始にともない、特別価格の250円で購入できるキャンペーンを実施中。

 対象となるのは、累計220万部を突破したシリーズで、数字は嫌い、暗記も苦手だけど、ざっくりと会計の本質をつかみたいという人におすすめの『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?~身近な疑問からはじめる会計学~』(山田真哉)と、数字が苦手な人も正しい訓練をすることで数字はもとより、インパクトや説得力のある文章が書けるようになり、ビジネスにも強くなれる方法がわかる『食い逃げされてもバイトは雇うな~禁じられた数字(上・下)~』の3冊。

また、キャンペーン対象外となるが、『教室内(スクール)カースト』(鈴木翔、本田由紀)や『やせる』(勝間和代)などの人気作も配信されているので、この機会にKoboイーブックストアを覗いてみては?

【対象作品】

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?~身近な疑問からはじめる会計学~』(山田真哉)
『食い逃げされてもバイトは雇うな~禁じられた数字〈上〉~』(山田真哉)
『食い逃げされてもバイトは雇うな~禁じられた数字〈下〉~』(山田真哉)

詳しくは公式サイトで。
⇒特集ページ
⇒koboイーブックストア公式ページ