総理大臣視察中の高校を武装勢力が占拠! JKが日本を救う!? 『高校事変』/連載第6回

文芸・カルチャー

2019/6/12

超ベストセラ―作家が放つ衝撃のアクション巨編!
平成最大のテロ事件を起こし死刑となった男の娘・優莉結衣(ゆうり・ゆい)の通う高校に、総理大臣が訪問。
そこに突如武装勢力が侵入し、総理が人質にとられそうになる。
結衣が化学や銃器の知識を使って武装勢力に対抗するが…。
武装勢力の真の目的、そして事件の裏に潜む驚愕の真実とは…?

『高校事変』(松岡圭祐/KADOKAWA)

 濱林澪は吹奏楽部だったが、きょう放課後の練習はなかった。すぐに帰れるとの意識があったせいか、油断しきっていた。

 ふと気づくと、教室に優莉結衣の姿が見あたらない。澪はあわてて廊下に飛びだし、昇降口で靴を履き替え、校庭へと駆けていった。

 微風に秋の深まりを感じる。陽はもう傾きだしていた。わずかに赤みがかった空に、タワーマンションがくっきりと浮かびあがる。下校のブレザーはそこかしこに見てとれた。ほっそりした後ろ姿が校門をでようとしている。背負ったリュックが幅広に感じられるほどの瘦身。結衣だとわかった。

 澪は全力で駆けていき、結衣に近づいた。「優莉さん」

 結衣が視線を向けてきた。いつもどおり涼しいまなざしが、なにごとかとたずねている。

「あのう」澪は息を弾ませながら歩調をあわせた。「数学の宿題、見せてくれてありがとう」

 淡々とした口調で結衣が応じた。「それをいうために追いかけてきたの?」

「そうだけど、ほかにもほら、返事まちだし」

「なにを?」

「吹奏楽部。入部、考えてくれた?」

「ああ」結衣は気のない態度をしめした。「音楽なんて性にあわない」

「なわけないって。クラリネットもサックスもいけるなんて。だいいち、優莉さんのほうから声をかけてくれたでしょ」

「部活に入りたいといったわけじゃないし」

「でも楽器をさ……」

「二学期の初めなのに、どの楽器かで悩んでるなんて変だから」

 あのときも結衣は同じことをいった。澪が音楽室にひとり居残り、おそらく聴くに堪えないクラリネットの音いろを響かせていると、戸口に結衣が立った。

 アンブシュアが安定してない、結衣は第一声でそう告げてきた。さらに澪の外見に関する批評がつづいた。マウスピースとリードをくわえた顔が醜い。頬に力が入って、三重顎になってる。

 澪はむっとして、吹けるの、と結衣にきいた。結衣の目は、澪のわきに置いてあったサックスに移った。そして彼女はつぶやいた。二学期の初めなのに、どの楽器かで悩んでるなんて変。

 冷静になったいまでは、思いかえすだけでも滑稽に感じる。だが当時は泣きそうになるほど激昂した。澪はずっと不本意な楽器ばかり担当してきた。トランペットやトロンボーンのような花形ではない。濱林は体型からしてチューバが似合ってる、顧問の先生からそういわれ、おおいに傷ついた。可愛い子はクラリネットかサックスを吹いている印象がある。なんとかそちらに転向できないかと、澪はひそかに練習をつづけてきた。

 食ってかかった直後、相手が優莉結衣だと知り、澪はすくみあがった。担任の敷島和美先生からは、仲良くするよういわれていたものの、まだ言葉を交わしてもいなかった。

 結衣は歩み寄ってくると、澪の手からクラリネットを受けとった。しばかれる、澪は恐怖とともにそう思った。

 ところが結衣はクラリネットをかまえ、難なく演奏を始めた。ブラームスのソナタ第一番ヘ短調だった。CDのように美しい調べにきこえた。澪はすぐさま悟った。さっきの結衣のアドバイスに悪気はなかった。顎に皺が寄るようではアンブシュア、すなわち口の形状も不安定に終始する。クラリネットを奏でる結衣の口角は自然にあがり、微笑みに似た表情を保ちつづける。透き通った音いろのためには、それこそが重要にちがいなかった。

 次いで結衣はサックスも吹いてくれた。聴いたことのない、ジャズテイストにあふれたアップテンポの曲だった。よく指が動くと感心させられた。演奏ののち、ジャック・イベールという音楽家の代表作だと教えてくれた。

 結衣はしばらく黙りこんだのち、マウスピース洗ってくる、そういって立ち去りかけた。澪は思わず引き留めた。いいの、洗わなくて。うわずった声でそんなふうに告げた。いえ、あの、変な意味じゃないの。洗わないまま使うとかじゃなくて、自分でやるし、というか、優莉さんに手間かけさせちゃ悪いし。

 どうしてあんなに動揺したのだろう。友達になる機会はいましかない、なぜかそう思った。クラスへの編入以来、結衣の孤独はあきらかだった。彼女のほうから打ち解けたがっている、結衣の控えめな態度のなかには、そんな本心が見え隠れしていた。それが思いすごしにすぎなくとも、澪は自分から距離を詰めたいと感じた。結衣がどんな家庭に生まれ育ったか、そんな身の上などどうでもよくなった。

 校門をでた。住宅地のなかを狭い道路が走っている。区画整理が行き届かず、街並みは雑然としていた。

 武蔵小杉高校といっても、最寄り駅は新丸子になる。むかしは色町だったらしい新丸子には、いたるところに名残とでも呼ぶべきラブホテルが建つ。商店街も古びていて、パチンコ店の前に放置自転車があふれる。再開発されたのは、タワーマンションが密集する地域周辺にかぎられた。中心を少し外れれば、いかにも川崎市という眺めばかりがひろがる。

 生徒らは商店街の賑わいを避け、生活道路も同然の路地を抜けつつ駅に向かう。学校に指導されたルートでもあったが、そもそも新丸子商店街に高校生の需要はない。ジルスチュアートやポールアンドジョーをあつかうコスメ店など見あたらず、タピオカやチーズドッグすら買えない。

 澪は歩きながら結衣に話しかけた。「住吉高校の吹奏楽部に勝てないのはさ、クラリネットやサックスのルックスに差をつけられてるから。あっちは可愛い子がやってるもん。うちにもスター選手が必要だし」

 結衣はうつむいたまま歩いた。「田中とか鈴木とか佐藤とか、ありふれた苗字がよかった。優莉なんて、嫌でも銀座デパート事件が思い浮かぶでしょ」

「そんなことないって。優莉結衣って、かっこいい名前じゃん。苗字と下の名前で、頭韻を踏んでるんだよ。有名人みたい」

「たとえば誰?」

「ええと……。ウッディー・ウッドペッカーとか」

「ああ。USJでおさるのジョージにアトラクションを奪われた」

 澪は噴きだしたが、結衣は真顔だった。たちまち困惑をおぼえる。結衣の言いまわしは変わっていて、いつも冗談のようにきこえるが、案外本気で悩んでいるのかもしれない。

 キシリトールガムのブラックミントをとりだした。銀紙の包装を開けながら、澪は結衣にきいた。「食べる?」

「いい。でもありがとう」

「あれだけの腕があって、楽器やらないのはもったいないって」

「どうしてもっていうなら、楽器のメンテだけやる」

「メンテ? そりゃ部室の工具、誰も満足に使えてないけどさ」

「でしょ。わたし、そういうの得意だから」

「演奏したほうがいいと思うんだけどな」

 前方を小柄な男子生徒が、カバンを四つか五つも抱え、ふらつきながら歩いていた。その行く手には、バンド気どりのような長髪の男子生徒らが四人、ポケットに両手を突っこんでたたずんでいる。

 リーダー格らしきひとり、細面ではあっても顎が張りだした男子生徒が、さもうざそうに呼びかけた。「宮森。とっとと歩け。少しは役に立ったらどうなんだよ、カス」

 宮森と呼ばれた生徒は一年生で、ほかは三年生だった。宮森は必死に歩を速め、四人のもとに追いついた。するとひとりが宮森の尻を蹴った。

 澪は結衣にささやいた。「一年の宮森悟君。いつもあいつらにいじめられてる」

「あの顎は誰?」結衣はきいた。

「三年D組の鴇砥守禹(ときと・しゆう)ってやつ。親がこのへんでラブホ経営してるって。乱暴者で有名だけど、妙に先生たちと仲がいいんだよね。女もいっぱいいて、二股も三股もかけてる。あんなののなにがいいんだか」

<第7回に続く>