総理大臣視察中の高校を武装勢力が占拠! JKが日本を救う!? 『高校事変』/連載第7回

文芸・カルチャー

2019/6/13

超ベストセラ―作家が放つ衝撃のアクション巨編!
平成最大のテロ事件を起こし死刑となった男の娘・優莉結衣(ゆうり・ゆい)の通う高校に、総理大臣が訪問。
そこに突如武装勢力が侵入し、総理が人質にとられそうになる。
結衣が化学や銃器の知識を使って武装勢力に対抗するが…。
武装勢力の真の目的、そして事件の裏に潜む驚愕の真実とは…?

『高校事変』(松岡圭祐/KADOKAWA)

 鴇砥はネクタイをしていなかった。大きく開いた襟に、金いろのネックレスがのぞく。大仰に舌打ちすると、鴇砥は宮森を突き飛ばした。宮森がふらついて尻餅をつく。

「ふざけろ」鴇砥が怒鳴った。「俺たちのカバン、地面につけんじゃねえよ。早く立って歩け。かまってもらえるだけでもありがたいと思えよ、宮森。いつもどおりホテル前の掃除もな」

 わざと周りにきこえるように声を張った、そう思える。宮森は半泣き顔で起きあがった。だが立ちあがるや、また鴇砥が頭をひっぱたいた。

 結衣が足をとめかけた。澪は手をひき、静止しないよううながした。結衣が無言で歩きだす。澪は内心ほっとした。

 周囲にバレにくい、陰湿ないじめが蔓延る昨今、鴇砥らは前時代的な不良に分類される。けれどもこの辺りには少なからず暴力的な輩がいる。市内では四年ほど前、多摩川の河川敷で、キレた無職の少年グループに中学生が殺される事件があった。報道は大騒ぎだったが、いまさらという印象しか受けなかった。鴇砥にかぎらず、その手の予備軍は学校でも多く見かける。

 スマホの着信音が短く鳴った。結衣がスマホをとりだし、画面を眺めた。

「なに?」澪はきいた。

「施設から」結衣はラインの返信メッセージを入力しだした。

 澪はその画面をのぞきこんだ。相手の名は『つむぎ』となっていた。「つむぎちゃんって、たしか前にも……」

「そう。施設にいる小四の女の子。田代勇次君のサインをもらってきてって」

「あー。困るよね。同じ学校っていうだけで頼まれちゃうし」

「両親をともに亡くしてる子だし、なんとかしてあげたいけど」結衣は表情を曇らせ、スマホをしまいこんだ。

「バドミントンの田代君に負けてられないでしょ。だから優莉さんも吹奏楽部で華々しくデビュー」

「またその話?」

「注目を浴びるのは男子生徒じゃなく女子生徒だって。ネットニュースにも書いてあった。最終的に日本を救うのは女子高生。輸出されてるアニメやゲームでも和製美少女キャラに関心が集まってる。アイドルはいわずもがな。JKが経済を動かす」

「たんなる好奇心の対象、商品化のレッテルでしょ」

「学校の救世主になるかもよ。国も結局は女子高生を頼る。それが日本」

「お腹すいた。近くに回転スイーツとかオープンしないかな」

「ちょっと。話きいてる?」

 駅付近までくると、同じクラスの女子生徒らが歩いていた。澪は声をかけようとしたが、集団はそそくさと歩を速め、たちまち遠ざかっていった。

 嫌な空気が漂う。澪は笑顔がひきつるのを自覚した。

 前を行く四人組の後ろ姿が、やはり知りあいだとわかった。新沼亮子とその連れだった。ひとりが振りかえり、こちらに気づく反応をしめした。仲間になにごとかささやく。

 亮子が足をとめた。澪を眺め、次いで結衣を睨みつけた。あからさまに顔をしかめ、道端に避けるよう連れをうながす。四人は澪と結衣をやりすごした。

 無言のうちに四人のわきを通りすぎる。結衣が歩きながらつぶやいた。「ほら。吹奏楽部なんて務まるわけないでしょ。みんな音楽室から逃げだしてく。演奏会でもそう」

「そんなことないよ」

 すると後方から亮子の声がきこえてきた。「クラスに犯罪者の娘がいるとかうんざり」

 ほかの三人が笑い声で応える。澪のなかに不快な気分がひろがった。耳に届くように悪口をいう。それも集団を扇動し、いじめの対象を孤立させたうえで。鴇砥のような公然たる暴力とはちがう。だが受けるダメージはけっして軽くない。女子の悪いところが集約されたいじめの手口だった。

 澪は結衣にささやいた。「気にしないで」

 亮子の声がひときわ大きくなった。「ブスのくせに気どってやがるんだよね。男に相手にされなくて必死すぎ。妙に英語が達者なのって、まともな環境に育ってない証拠じゃん。親がおかしなのとばかりつきあってたからだし」

 ほかのひとりが茶化すようにいった。「ヤクの売人とかじゃね?」

「そうだよ」亮子が笑った。「ヤクだよ。ラリってる。娘もおんなじ。いい迷惑。蛙の子は蛙だし、類は友を呼ぶよな。キモいデブが行くあてなくて、犯罪者の娘にすり寄ってる」

 自然に歩が緩んだ。しかし振りかえる勇気はなかった。澪は身震いした。標的にされている。

 亮子が語気を強めた。「犯罪者の仲間はね、顔がキモいよね。ぶくぶくに肥え太ってて、たいていチューバとか吹いてる。チューバッカとか呼ぼうか」

 元ネタを知らないらしい、連れが笑いながらきいた。「なにそれ」

「なんでもいいの。あいつこれからチューバッカ。チューバッカとの交友禁止。キモいから」

 意識せずにおこうと思っても、抑制しきれない感情がこみあげてくる。思わず泣きそうになり、後ろを振りかえった。

 四人がいっせいに笑い声を発した。手にしたスマホをこちらに向けている。動画を撮影しているらしい。ひとりが甲高く叫んだ。「チューバッカがこっち見てるよ! 不細工。最悪」

 涙に視界が揺らぎだした。学校に通いながら、いつもこんな状況を恐れてきた。こうなることを避けられなかった。理不尽なのは承知のうえだ。けれどもどちらが悪いか、正しい判断を仰げる世のなかではない。多数派が正義だった。クラスの女子生徒にはたちまち伝播する。女子と仲のいい男子生徒も同調する。逃げ場はない。小学校でも中学校でも経験した。それが嫌で、高校では最初から明るく振る舞ってきた。なのに努力は報われなかった。

 笑いものにされ、孤立したたずむ。またこんな立場に置かれている。いったん追いこまれた以上、人間関係は修復できない。自分に非がなくとも、あったような気にさせられてしまう。

 そのとき結衣が振りかえった。冷やかな目つきで亮子を眺めた。「おまえのほうがずっと太ってね?」

 一瞬の沈黙があった。亮子はけたたましく笑った。「なにこいつ。なんかいってるよ。キモい」

 事実を突かれたら、論点をずらしてマウントをとる。いじめる側はいつもそうだった。理屈ではない。反撃は無意味だ、澪は悲嘆に暮れながらそう思った。

 それでも結衣は醒めた顔でつづけた。「食いすぎは心筋梗塞の発作につながる。高校生でもデブなら中高年と一緒」

 亮子はまたおかしくもなさそうな笑い声をあげた。しかしほかの三人は戸惑いのいろをしめした。どう反応していいかわからない、そんな表情になっていた。亮子ひとりだけが笑い飛ばすことで、なんとか乗りきろうとしている。

 仲間が同調せず、ひとり浮くのを自覚したのだろう、亮子の顔が真っ赤になった。結衣に怒鳴った。「おまえが瘦せてるのは貧乏人だからだろ。施設暮らしの貧乏人。優莉匡太の娘。極悪人のクズ。よりによってうちの高校に転校してくんなよ。死刑囚の娘のくせに。死刑……」

 言葉が途切れた。澪は衝撃を受けざるをえなかった。

 紅潮していた亮子の顔面が、みるみるうちに蒼白になっていく。全身を痙攣させ、喉もとを掻きむしり、激しく咳きこんであえいだ。空を仰いだかと思うと、口から大量の泡を吹きだし、その場にくずおれた。

 残る三人が悲鳴をあげた。だが亮子に駆け寄る者はいない。澪も恐怖とともに立ち尽くすしかなかった。近づこうにも身の危険すら感じる。

 路地に生徒たちが集まってくる。やはり遠巻きに見守るだけだった。亮子はのたうちまわり、泡を吹きつづけた。やがて嘔吐しだした。胃の内容物がまき散らされ、独特の酸っぱいにおいが漂う。亮子は突っ伏したまま、ぴくりとも動かなくなった。

 結衣が冷徹な表情で、ぼそりとつぶやいた。「キモい。まるで蟹」

 亮子から結衣に目を移すのに、いくらか努力を要した。澪はようやく結衣を見つめた。しかし結衣はすでに背を向けていた。人垣を割り、さっさと立ち去っていく。瘦身には幅広に見えるリュックが、その背に揺れていた。

続きは本書でお楽しみください。