前のめりに挑戦する勇気が、未来を変えていく。『明日をひらく言葉』/佐藤日向の#砂糖図書館⑧

アニメ

公開日:2021/1/9

声優としてTVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』などに出演、さらに映像や舞台でも活躍を繰り広げる佐藤日向さん。お芝居や歌の表現とストイックに向き合う彼女を支えているのは、たくさんの本やマンガから受け取ってきた言葉の力。「佐藤日向の#砂糖図書館」が、新たな本との出会いをお届けします。

佐藤日向

出会いは、人生においてとても大切だ。

芸能の仕事をしているからこそ、特にそう感じるかもしれない。

 

だが、学生時代は必然的に出会う場所があったのに、社会人になった途端、自分の選択次第では、新しい出会いもなく、何にも触れずにただ生きているだけ、という状態になる可能性もある。

advertisement

出会いというのは、人に限らず、物や作品など形はさまざまだ。

生きている中で沢山の出会いがあり、その縁を自分自身がどう大切にするかで、人生の充実感は変わってくるのではないだろうか。

 

今回紹介する『明日をひらく言葉』は、著者であるやなせたかしさんが生きてきた中で感じた気持ちを文章に書き綴り、PHP文庫のスタッフがページごとにマッチするやなせさんの言葉を、過去にやなせさんがPHP文庫で綴った作品から引用しており、

左のページがやなせさんのエッセイ
右のページがやなせさんの名言

という構成になっている。

 

今回、私はエッセイを初めて読んだのだが、自分以外の誰かの人生観、価値観を文字を通して感じることは、物語を読むのとはまた違う、不思議な感覚になった。

 

みなさんがやなせたかしさんという名前を聞いて最初に思い浮かべるのは、『それいけ!アンパンマン』だと思う。

『明日をひらく言葉』を読んでいくと、やなせさんのエッセイには沢山の驚きが詰まっていた。

たとえば“手のひらを太陽に”の作詞をされていたり、『それいけ!アンパンマン』がヒットしたのはやなせさんが69歳のときだった、というエピソードがあったり、MITSUKOSHIの包装紙を描いていたり、実はラジオの放送作家をされていたり。

 

私はこの本を読み終えたあと、少し親近感を感じた。

私は普段、声優のお仕事だけではなく、舞台やラジオなど、さまざまなことに挑戦させて頂いている。

どの仕事も魅力的で本当に楽しいからこそ、今はジャンルにとらわれず、大好きな芝居を通して、興味の湧くものすべてに挑戦して、沢山の経験をしたいと日々思っている。

だからこそ、やなせさんが作中で、

「新しいことに挑戦するのはすごいチャンスだとおもう。声をかけられたら、“できない”と断らずに、無理やりでもやってしまえばいいんだ。」

と述べていらっしゃったことに、特に共感することができた。

 

たとえば、
「約80年も生きられる」
と考えるか、
「約80年しか生きられない」
と考えるか。どちらの考え方を持っているかで、人生の楽しみ方は変わってくるだろう。

たった一度きりの人生で、年齢を重ねた時に、「あの時の経験があったから、今の仕事が出来ている」「こんなに素敵な人たちに出会えた」と思えたほうが、人生は素敵ではないだろうか。

経験は豊富な方が、きっと楽しい。

 

「仕事は、人と人のつながりで来るものだ。いろんなことをやっていく中でめぐり会う人が、新しいチャンスや可能性を連れてきてくれる。」

 

やなせさんの言葉の通りだと、私は思う。

そして、やなせさんは強運の持ち主だった。

私は、常日頃から自信と運は繋がっていると感じている。

このエッセイには、やなせさんが人生の中で経験した想像を絶するようなつらい経験がいくつも書き綴られているが、彼はその経験を作品の中に散りばめることで、大人にも子どもにも彼の教訓が伝わるようになっていった。

なかでも、『やさしいライオン』という絵本は有名ではないだろうか。

卑屈になったり、ネガティブな気持ちになる前に大切なのは、どうしたら前を向けるようになるかを意識すること。これだけで、生き方の質は変わってくる。

 

コロナ禍が続く中、これまでとは違う新たな生活の形が出来上がりつつある今。

「1年前はあれができたのに」なんて考えるよりも、時代に合わせながら、でも自分の芯は曲げずに、貪欲に新たなことに挑戦する気持ちを忘れてはいけない。

私は、この作品の一文字一文字から、勇気や元気をもらえた。

まるで、大人向けの『アンパンマン』のようだった。

明日が不安、何か元気になる言葉が欲しい、そんな人に是非手に取って頂きたい作品だ。

 

さとう・ひなた
12月23日、新潟県生まれ。2010年12月、アイドルユニット「さくら学院」のメンバーとして、メジャーデビュー。2014年3月に卒業後、声優としての活動をスタート。TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』(鹿角理亞役)、『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』(星見純那役)のほか、映像、舞台でも活躍中。

公式Twitter:@satohina1223
公式Instagram:sato._.hinata
レギュラー配信番組『佐藤さん家の日向ちゃん』:https://ch.nicovideo.jp/createvoice

この記事で紹介した書籍ほか

やなせたかし 明日をひらく言葉 (PHP文庫)

編集:
出版社:
PHP研究所
発売日:
ISBN:
9784569678313