包む手間はいっさいなし!「ぺったんこ餃子」/面倒なことしない! 野菜をすんごくおいしく食べるレシピ

暮らし

公開日:2021/7/28

手軽に調理できて野菜がたっぷり摂れる…そんなレシピ、知りたくありませんか?

野菜は炒め方や洗い方をちょっと工夫するだけで、味が大きく変わります。忙しい毎日でもしっかり野菜を摂りたいという方に、チャンネル登録者数12万人を超えるYouTubeチャンネル「元気ママキッチン」の元気ママが、野菜をすんごくおいしく食べるレシピを教えます!

今回は、包む手間を省いたお手軽「餃子」のレシピをご紹介します。

※本作品は元気ママ著の書籍『面倒なことしない! 野菜をすんごくおいしく食べるレシピ』から一部抜粋・編集しました

「面倒なことしない! 野菜をすんごくおいしく食べるレシピ」を最初から読む


面倒なことしない! 野菜をすんごくおいしく食べるレシピ
『面倒なことしない! 野菜をすんごくおいしく食べるレシピ』(元気ママ/KADOKAWA)

面倒なことしない! 野菜をすんごくおいしく食べるレシピ

包む手間なし! 薬味が最高!

ぺったんこ餃子

材料(4人分)

豚ひき肉……300g
キャベツ……1/4個(250g)
餃子の皮……70枚
A ナンプラー……小さじ1(なければしょうゆ)
  酒……大さじ1
  塩……小さじ1/2
塩 ごま油
大葉……8枚
しょうが……2かけ
にら……1/2束
酢じょうゆ(酢:しょうゆ=1:1)

面倒なことしない! 野菜をすんごくおいしく食べるレシピ

野菜POINT キャベツの水分は適度に抜く
キャベツは塩をまぶして10分置き、出てきた水分を手で軽く絞りましょう。ほどよく水分が抜け、キャベツに下味も付きます。

作り方

1 キャベツは粗みじん切りにして塩小さじ1をまぶし、10分ほど置く。ひき肉、水気を絞ったキャベツ、Aを合わせ、粘りが出るまでこねる。

2 ティースプーンに山盛り1杯分タネを取り、餃子の皮に塗りつけるようにのせる。皮を半分に折りたたむ。

3 フライパンを強火で熱し、いったん火を止める。油大さじ1~2を入れ、餃子を少し重なるように並べたら中火で軽く焼き付ける。3回程度に分けて焼く。

4 餃子の皮をめがけて水50~70㎖を回しかける。蓋をして弱火で4分加熱したら蓋をあけ、カリカリになるまで水分を飛ばす。

5 せん切りにした大葉としょうが、小口切りにしたにらをのせ、酢じょうゆをつけていただく。

面倒なことしない! 野菜をすんごくおいしく食べるレシピ

調理POINT ひだは作らず、そのまま挟むだけ
たねを挟んで折りたたんだら、手の平でペタッと軽く押し付けるだけでOK。皮と皮の間にすき間があいていても、気にしなくて大丈夫です。

一気に作って余ったら……
皮で挟んだ状態で冷凍しておき、餃子鍋の具として使うのも便利。タネが余った場合は、炒めて卵でとじてもおいしいです。

<第4回に続く>


「面倒なことしない! 野菜をすんごくおいしく食べるレシピ」を楽天Kobo(電子)で読む >

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか